ヒマラヤの青いケシ

久しぶりに快晴の好いお天気になった日曜日、百合が原公園に行って来ました。この公園には、出来た頃に一度行ったきりで十何年ぶりかで訪れましたが、この間に木々は大きくなり、散歩にはとても好い感じの公園になっていました。ここには原種、園芸種のユリ約100種類が栽培されているそうですが、まだユリの時期には早過ぎました。

いまはちょうど、ヒマラヤンブルーと云われる神秘的な色のメコノプシス通称「ヒマラヤの青いケシ」が見頃になっていました。アジア中央高地に自生していて、高温を嫌う為栽培が難しいと云われているようです。

b0348195_1253143.jpg


b0348195_1253151.jpg


メコノプシスにはグランディス種とベトニキフォリァ種とがあるようで、この公園のはグランディス種か?


ブルーポピーとも呼ばれているようです。


[PR]

by y-azusaya | 2006-06-19 16:32 | | Comments(0)