キングサリ

百合が原公園ではフジによく似たキングサリと云う花が咲いていました。フジに似ているけどフジ属ではなくエニシダ属に近いそうで、別名ではキバナフジとも呼ばれています。原産地はヨーロッパで、高温多湿に弱いそうで北海道には相応しい植物かも・・・きれいな花なのに、cytisineと云うアルカロイドが含まれている有毒植物で、中国名は毒豆と書くそうで口には入れない方が良いようです。見る人をセンチメンタルな気分に誘う花と云った人もいたように、そんな花のせいか花言葉は「淋しい美しさ」です。



b0348195_135315.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-06-25 23:47 | | Comments(2)

Commented by くりまま at 2006-06-27 11:25 x
つるさん、こんにちは!
やっと雨があがりました。まだまだ梅雨の真っ只中ですが。今日は少しの間のの中休みみたいです。

キングサリの色、きれいですね!
梅雨の鬱陶しさを忘れさせるような鮮やかさですね。
こんなきれいな花が有毒なんて・・・。
Commented by つる at 2006-06-28 17:32 x
九州の雨は凄かったですね。
雨もなければ困るし、降り過ぎるのも困りますね。

週の半ばはお天気が悪いって予想でしたが
どうやら午後からいいお天気になって来ました。
続いてくれれば好いのですが・・・
キングサリ、初めて見ました。
いつも行く公園にもあるらしいのですが
気が付かなかったので、花の時期を見逃していたのかも・・・