水芭蕉

気温が18℃近くも上がり5月下旬の陽気になった午後、姪に迎えに来てもらい、石狩の水芭蕉の群生があると云うマクンベツ湿原に行って来た。札幌から約一時間ばかり、石狩河口橋側の堤防沿いに約41ヘクタールの湿原があり、4月下旬から5月の始めにかけて水芭蕉の群生が広がるが、今年は少し早めに見頃を迎えたようで・・・水芭蕉は葉が芭蕉の葉に似ている事からこの名前になったそうで、白いのは花ではなく仏炎苞(ぶつえんほう)と云い葉の変形したもの、本当の花は中心部の小さな花が多数集まった花序といわれる所だそうです。



b0348195_2351813.jpg


b0348195_2351896.jpg



真新しい木道が直線的に河岸まで伸びていました。平成19年3月に完成したばかりの延長400メートル幅1メートルの木道です。









b0348195_2351810.jpg



変わった色の花があると云うので見たら、どうも座禅草らしい・・・残念ながらうつむいたまま、これから起きて来るのか、初めて実物を見たので分からない。目を凝らして探して見たがこれ一株だけしか見えなかった。







b0348195_2351829.jpg


水芭蕉と云えば尾瀬の夏を歌った「夏の思い出」が有名だが、標高の高い尾瀬では雪解け時期の6月頃に咲くので夏のイメージがあるけど、春の高山植物の代表花なんだそうで・・・『水芭蕉の花が咲いている、夢見て咲いている、水のほとり・・・』


[PR]

by y-azusaya | 2007-04-24 23:20 | | Comments(8)

Commented by くりまま at 2007-04-25 12:22 x
枯れた色の木々や葉っぱの中に水芭蕉
の緑が映えますね。

木道の写真はまるで外国の風景みたいです。
凄く都会だと思っている札幌から1時間ぐらいでこんな風景がみれるなんて・・・

やっぱり北海道って広いですね。
Commented by エルモリア at 2007-04-25 23:00 x
これが、マクンベツ湿原に咲く水芭蕉…。
神々しいような、姿ですね^^
水のある場所の植物は、水面にその姿が反射して、
なおいっそう、美しいさが際立ちますね!
北海道には、他にも湿原があるのですか?
Commented by つる at 2007-04-25 23:25 x
☆くりままさん
水芭蕉はやっぱり水の中の方が似合っています。
この木道が出来たお陰で、間近に見られるようになったようで・・・
車で少し走ると石狩平野の広大な風景が広がります。
北海道はでっかいどう~です^^
Commented by suigo3 at 2007-04-25 23:31 x
私は箱根の湿原で水芭蕉と座禅草を見たことがあります。

来年のサミットも洞爺湖畔に決まり、木道を踏み外さず、いつまでも残したい北海道の自然ですね。
Commented by つる at 2007-04-25 23:35 x
☆エルモリアさん
北海道の湿原・・・
直ぐ出てきたのはラムサール条約登録の釧路湿原、雨竜沼湿原、
あとはサロベツ湿原に神仙沼湿原で、
実際に行ったのは雨竜沼(山を登るので2度と行けそうもない・・・)
と神仙沼だけです。
北海道の湿原で検索してみたらたくさんあってビックリしています。
雨竜沼にも水芭蕉が群生しています。
↓に秋の神仙沼をUPしています。
http://www16.ocn.ne.jp/~azusa/hikidashi2.html
Commented by つる at 2007-04-25 23:44 x
☆suigoさん
箱根には2度ばかり行った事がありますが
湿原があるのは知りませんでした。
座禅草は写真では見た事がありますが
実際には始めてです。
残念なことに横向きなのと、遠くにあったもので・・・

本当に気をつけないと、うっかりしている間に
自然はどんどん壊されて行きますものね。
Commented by non at 2007-04-28 23:23 x
はじめまして。「パノラマジャーニー」nonと申します。ちょうど同じ日にマクンベツに行っていました。クマが食べるという座禅草には気がつきませんでした。
Commented by つる at 2007-04-29 22:09 x
☆nonさま
コメントありがとうございました。
もしかしたらすれ違っていたかも知れませんね。
太陽燦々で暑い日でした。
座禅草、クマが食べるんですか?
他にもないかと探したのですが、
ひと株しかありませんでした。
これは横向きなんで、分かりづらかったかもしれません。