スプリング エフェメラル「春の妖精」

札幌の方のブログでエゾエンゴサクの写真を見かけ、もしやと思い豊平公園の野草園に行って来ました。先週はまだ花芽もなかったようなのに、エゾエンゴサクもカタクリも満開でした。
スプリング エフェメラル”春先のはかない命”は地上部に葉を広げて姿を見せているのは1年のうちの春先の2ヶ月あまり・・・冬枯れの中で芽を出し、あっという間に成長して花を咲かせ、早春のうちにすべてを終えて姿を消してしまいます。
「春の妖精」とも云われる仲間には、福寿草・カタクリ・エンゴサク類・イチゲ類などが代表的な花ですが、雪割草もそうかと思ったら、花が終わってもしばらくは地上部に葉が残っているとかで外されているようです。私的には雪割草も「春の妖精」の名に相応しいと思うのですが、スプリング エフェメラルにはある一定の生態的な特徴を持つものに限られているようです。



b0348195_2351811.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2007-04-27 16:01 | | Comments(6)

Commented by suigo3 at 2007-04-27 22:12 x
近くに野草園があって羨ましいです。
Commented by くりまま at 2007-04-28 16:17 x
私にとっても豊平公園はすっかり馴染みになりました。

「春の妖精」ってネーミングが素敵ですね
カタクリとエゾエンゴサクが一緒に咲いて二つの色合いがいいですね!
Commented by エルモリア at 2007-04-28 18:31 x
おおっ!まさに「春の妖精」そのもの!
なんと、美しい花なのでしょう。
カタクリも、このエゾエンゴサクも、シクラメンの仲間ですか?

北方の花は、どこか儚げで可憐ですね^^
Commented by つる at 2007-04-29 22:13 x
☆suigoさん
ウチからも職場からも歩いて10分くらいの所に
この緑化公園があります。
その一部に野草園があるのですが、散歩にちょうど良い公園です。
Commented by つる at 2007-04-29 22:24 x
☆くりままさん
車の運転が出来ないので遠出は出来ず
もっぱらこの公園に日参です。
天気の好い日は近くの施設からお年寄りが大勢散歩に訪れています。

「春の妖精」の他に「春のかげろう」って呼ぶこともあるらしいです。
どちらも儚いって云うことを表している言葉だと思います。
Commented by つる at 2007-04-29 22:38 x
☆エルモリアさん
この「春の妖精」カタクリは山菜として食べられるんですよ。
一度食べたけど、どんな味か忘れた・・・
カタクリはユリ科、エゾエンゴサクは何とケシ科だそうです。