黒船つつじ

今年は黒船つつじの花つきが悪く、花はもう散ってしまい葉ばかりになってしまいました。昨年もUPする時期を逸してしまったので、今年は先日撮った写真を取り上げます。黒船つつじは薄ピンクの気品に満ちた大輪の花を咲かせ、「つつじの女王」と云われています。朝鮮半島から中国北部原産の花で、日本には1668年(寛文8年)に渡って来ました。以前から、何で黒船なんて名前が付いているのかと思っていましたが、名前の由来がなかなか出てなくて、やっとそれらしいのを見っけました。安土桃山時代から日本に来る外国船は黒船と呼ばれていたそうで、朝鮮から海を渡ってきたので黒船の名前が付いたようなのです。こんな清楚な花なのに黒船はないだろうにと・・・「カラツツジ」との別名もあるようですが、カラは唐なんでしょうかね~。



b0348195_751863.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2007-05-24 22:04 | | Comments(8)

Commented by エルモリア at 2007-05-24 23:20 x
梅、八重桜、つつじ、それにライラックも(笑)と、
ほんとうに、北海道の5月はお花の季節ですね~
東北に3年近く暮らしたのに、北海道にはまだ
いちども、行ったことありません。行くならぜったい、5月ですね!

ところで、リラとライラックは同じ仲間ですか?
Commented by くりまま at 2007-05-25 10:36 x
九州では見かけない品種ですね。

淡いピンクの色が上品で優しいです。
花も大きいですね。まさに女王さまです。

私もリラとライラックの違いが知りたいです。
Commented by アエリ at 2007-05-26 09:11 x
和名を教えて頂きまして、ありがとう!
リラのお花は、パリもロンドンも終わりました。
1日のメーデーに合わせて咲いていました、スズラン(ヨーロッパでは、メーデーお祝いの御花と言われています。)に替わりまして、公園内には薔薇が美しい色彩を見せて下さいます。
街を歩いても、薔薇の飾りが多く目に致します。
母の日のプレゼントにも使われると聞きます。
今年は5月末の祭日の関係で、1週間遅れの6月3日が、フランスの「母の日」です。
Commented by つる at 2007-05-26 23:29 x
☆エルモリアさん
はい~!北海道の5月は百花繚乱の季節です。
次々と花が咲くので写真を撮るのも忙しいです。
UPしなかったものも数知れず・・・
リラ冷えの5月、ライラックで街中が染まる頃、
是非いらしてくださいね!

質問の答えですが、ライラックもリラも同じ花です。
英語でライラック、フランス語でリラです。
因みに和名ではムラサキハシドイですよ。
Commented by つる at 2007-05-26 23:44 x
☆くりままさん
黒船つつじは暑さには弱いようですので
九州でも高山の方に行けばあるのかも知れませんネ。
つつじも種類がたくさんあって、どれがどれだか?
サツキとつつじとの見分けも出来ません。
リラとライラックの答えは↓のエルモリアさんの所を見てくださいネ。
ライラックも白や、紫も微妙に色の違うものがあり、
花びらも丸い感じや細い感じのものなどがあります。
Commented by つる at 2007-05-27 00:04 x
☆アエリさん
パリもロンドンも札幌よりも3週間ほど早く咲くのですね。
札幌のライラックは、ミッションスクールH学園の創始者が
アメリカから最初の1本を持ち込んだものだそうです。
札幌は今が花盛り、そしてリラ冷えの季節です。

母の日って世界共通の日だと思っていましたが
違うのですね。
そしてカーネーションではなくフランスは薔薇なんですね。
Commented by rose at 2007-05-27 17:48 x
つつじって種類が豊富・・・
それにつけても
すばらしいピンク色。
赤とか白にはずいぶんお目にかかっているので、ちょっと色が違うだけで目を奪われます。
実家にはオレンジ色のつつじが咲きます。子供の頃からありました。
ほんとかどうかわかりませんが、「ウマつつじ」って呼んでました?
Commented by つる at 2007-05-27 22:54 x
☆ローズさん
この上品なピンク色はさすがつつじの女王さまですよ。
本当につつじって種類が多いよね。
ウチにも私の子供の頃に山から採って来た
赤い色の山つつじもあります。
赤でもオレンジ色っぽいのや様々な色合いです。
「ウマつつじ」検索してもヒットしませんでした。
どうしてウマつつじって云ったんでしょうね?
オレンジ色なら蓮華つつじってのもありますが・・・