ブタ菜

b0348195_761969.jpg




昨年さるブログで、タンポポモドキの本当の名前がブタ菜と云う事を知りました。普段何気なく見ていても名前までは知ろうとしていなかったような・・・ヨーロッパ原産の帰化植物で、昭和初期に札幌で帰化しているのが発見されたとか。。。ブタ菜なんて可哀想な名前が付いているけど、フランスでは豚が好んで食べる事から「豚のサラダ」と云われているそうで、安易に直訳したようです。今年は住宅街の空き地などでよく目にします。職場の中庭にもたくさん生えていて、それなりのきれいだったのですが、所詮雑草いつの間にか刈られてしまいました。これはいつも行く公園で撮って来ました。晴天下で撮るとただの黄色の塊になってしまいます。何回か挑戦して日傘で影を作って撮って見ました。


[PR]

by y-azusaya | 2007-08-04 21:37 | | Comments(8)

Commented by ぶしたけ at 2007-08-05 04:23 x
 つる様

 私,あの群生(?)した状態が好きなんですが,すぐ刈られてしまって
残念に思っております。別に害はない気がするので,そのままにして
もらえないかなぁ…と思っているんですが。
Commented by つる at 2007-08-05 08:56 x
☆ぶしたけさま
ホンとにねぇ~、あの中庭は誰も入れないんだから
群生させていた方が好いと思うんだけどね。
雑草だってきれいだと思うときがあるよね。
これから美瑛丘めぐりに行ってきます。
Commented by くりまま at 2007-08-06 11:31 x
こんにちは、美瑛の旅楽しかったでしょう!

ブタ菜なんて本当に可哀相なネーミングですよね。
でもちょっとばかり可愛い気もしますが・・・

日傘で影を作ってカメラを向けるつるさんの姿が微笑ましいですね。
Commented by つる at 2007-08-07 10:30 x
☆くりままさん
美瑛では丘の美しさを堪能してきました。
私の腕ではとてもこれを表せられないと思いながら
写真を撮って来ました。
いずれ、HPでUPしたいと思います。
Commented by suigo3 at 2007-08-07 19:42 x
ブタ菜・・・こちらでも堤防などで見かけます。
チュニジアでは群生していました。

美瑛・・・チュニジアでは美瑛の何倍もの雄大な景色を見る事が出来ますよ!
一度チュニジアを旅してみたら・・・
Commented by アエリ at 2007-08-08 13:12 x
つる・お母さん>このお花は、フランスの西側ナントやボルドーの郊外で群生していますのを、私は見ましてよ。
1本の茎から無数のお花が咲きます。
背丈は5~60cmくらいと記憶しています。
6月初旬が見頃と。
本物のタンポポは、フレンチに食材や飾りにと使われていますw。
Commented by つる at 2007-08-08 23:14 x
☆suigoさん
ブタ菜はどこにでもあるのですね。
チュニジアにも・・・
海外は体力的にどうかなと思えて
海を渡ったことは一度しかありません。
行く事よりもまず、荷物作りがねぇ・・・
考えただけで億劫になるこの頃です。
いつか行けると好いのですが・・・
Commented by つる at 2007-08-08 23:24 x
☆アエリさん
ヨーロッパ原産と云う事ですので、フランスでも群生しているのですね。
ここのは丈が短いですが、日本海側の海岸の群生していたのは
背丈が50cm位ありました。
タンポポの蕾が出る前の若い葉なら食べた事があります。
茹でても苦いので、かなり水に浸けて苦味を取ってから
卵とじにしました。
タンポポの根で作るタンポポコーヒーってのもあるのですが
これはまだ頂いた事がありません。