オオハンゴンソウ(大反魂草)

b0348195_7623100.jpg



美瑛の丘を車で走っていて目に付いた花がこの黄色い花。花びらが下がっているのは雨に濡れているからではなく、盛りを過ぎるとこうなるらしい・・・北アメリカ原産のオオハンゴンソウは園芸植物として明治に導入されたが、繁殖力が旺盛で河辺や草原、鉄道沿線などに広がり、北海道から本州中部以北に帰化していている。「外来生物法」によって特定外来生物に指定されていて、栽培・販売・譲渡は原則禁止されている植物なのだそうです。北海道ではどうなっているのかは分かりませんが、各地の国立公園では野生化したオオハンゴンソウの除去作業を行っているとか。。


b0348195_762566.jpg



b0348195_762530.jpg
二日間のほとんどを美瑛の丘めぐりに費やしました。ラベンダーの時期が少し過ぎたいま時期は、道も空いていて快適なドライブが楽しめます。何処を取っても絵になる風景ですが、この美しさを写真で表す事は難しいと思いました。





二日目は生憎の雨模様・・・立ち入らないで下さいとの看板が有るにも関わらずこの車輪の跡は・・・
下で駐車しているのが姪の軽自動車です。






b0348195_7625100.jpg



丘の下に車を止めて上って来たのは、この木を撮るためです。どんよりした空模様の下に一本たたずんでいるのは”哲学の木”だそうで・・・何故に哲学かと云うと、やや斜に構えた姿が哲学者を思わせるんだそうです。本当はポプラの木ですが、一緒に哲学して見ましょう~か。。。






[PR]

by y-azusaya | 2007-08-12 15:01 | | Comments(6)

Commented by suigo3 at 2007-08-12 18:05 x
当地ではオオハンゴウソウは見かけません。
哲学の木は麦畑に生えているのでしょうか?
当地のポプラはあまり横に枝を伸ばさず、もっと真直ぐに生えていますよ!
気候の為か、それとも水の量の関係でしょうかね?
Commented by エルモリア at 2007-08-12 21:37 x
さすがに北海道 デッカイド~!ですね^^
景色が雄大で、こんな道を車で走ったら
さぞかし気持ちがいいでしょうね。

ラベンダー畑と哲学の木 いちどは目にしたい景色です。
Commented by くりまま at 2007-08-13 11:01 x
札幌も九州並みの気温で暑そうですね。

でもやっぱり北海道は雄大ですね。何処までも道が続いています。
阿蘇もでかいですが山なのでこんなに道は続いていません。

「哲学の道」ならぬ「哲学の木」ですか。
ネーミングが面白いですね。
Commented by つる at 2007-08-14 22:46 x
☆suigoさん
哲学の木の手前は刈り取った麦畑のようです。
向こう側から見ると、違った畑だったような・・・
ケンとメリーの木と云うポプラもあって、
この木は普通のポプラの木です。
ネットで探して見つけました。
この哲学のポプラは改良ポプラだそうです。
Commented by つる at 2007-08-14 22:56 x
☆エルモリアさん
本当に気持の好い道で、何回もグルグル回ったような・・・
二日ともに蒸し暑い日でしたが、写真からは感じないでしょう?
ラベンダーはやっぱり7月下旬が見頃かもと。
かなりの渋滞覚悟で行かなければなりませんが
是非一度見にいらして下さい。
Commented by つる at 2007-08-14 23:01 x
☆くりままさん
九州は一度も行った事がないのですが
阿蘇にも広い草原があるのですよね。
美瑛の丘には他にもいろんな名前の木があります。
ケンとメリーの木、セブンスターの木とか、
CMに使われたりした木が有名になっています。
他のところでUPしますね。