ナナカマド

b0348195_185147.jpg



北大構内を歩いていて、葉が赤く色づいたナナカマドを撮って来ました。北海道では街路樹にナナカマドを植えるところが多く、冬には赤い実が野鳥の餌になったりします。7回かまどにくべて燃え難いほど硬い木と云われ、そこからナナカマドの名が付いたと云う説が一般的ですが、調べていて面白い説を見つけました。燃え難い木をかまどにくべて火を起こすのは考えられないので、燃え難い木を7日間かまどに入れる事で極上の炭を得る事が出来るため、七日竈と云うようになって、それが七竈(ナナカマド)になったと考えられると。。。ナナカマドは良質の木炭になるそうです。


[PR]

by y-azusaya | 2007-11-10 00:22 | 樹木 | Comments(6)

Commented by エルモリア at 2007-11-10 15:51 x
ナナカマドは数年前に、立山に旅行をしたとき
とってもきれいに、紅葉していたのを思い出しました。
紅い実が可愛いですね。
小鳥が食べるのでしたら、甘いのかな?

燃えにくい木でしたら、防火林むきですね~^^
炭にしてしまうのは、もったいないような気がします…。
Commented by suigo3 at 2007-11-10 16:54 x
北海道で今ナナカマドが紅葉しているのですね。
私は数年前までナナカマドが実を付けることを知りませんでしたが、紅葉狩りの際に写真をとっていた人に聞いてナナカマドの実と言うことを知りました。
木も硬いのですね・・・これも初めて聞きました。
先月の蔵王に続いて、13日は茨城の日立、大子方面に紅葉狩りとリンゴ狩りです。
Commented by くりまま at 2007-11-10 20:23 x
ナナカマドって紅葉の代名詞みたいですね。
北海道は今紅葉の真っ最中ですか。

熊本もナナカマドは阿蘇の方に行くとみれます。
でも赤い実がなるとは知りませんでした。
熊本市内の紅葉はもしかすると12月に入ってから?
Commented by つる at 2007-11-11 15:31 x
★エルモリアさん
そう云えば小鳥って味が分かるのかしら?
ナナカマドは葉が落ちても、
実だけはそのままついているので、
冬の間の小鳥の餌になるみたいです。
今でもナナカマドで炭を作っているのかは疑問です。
Commented by つる at 2007-11-11 15:42 x
★suigoさん
札幌でも街路樹にナナカマドを植えている所が多いので
よく目にします。
道内では市町村の木に指定する所も多いです。
緑の葉に赤いナナカマドの実もきれいですよ。
紅葉狩り、お天気が好いといいですね。
Commented by つる at 2007-11-11 15:49 x
★くりままさん
ナナカマドは、緑の葉に赤い実の時から葉の紅葉まで
長い間楽しめますね。
雪をかぶった赤い実も風情があります。
そちらでは実は落ちてしまうのでしょうか・・・?


紅葉は12月ですか?暖かいのですね。
京都なんかも遅れているようですね。