平成のポプラ並木

b0348195_1851534.jpg

b0348195_1851548.jpg

北大シリーズの最後を飾るのはやっぱりポプラ並木。。。イチョウ並木を撮って来た時に買って来た、北大マップを見ていたら平成のポプラ並木があった。それではと、翌週また北大に行って来ました。イチョウ並木のある北13条門からは遥かに遠い・・・方向音痴にしては無事そのあたりにたどり着いたけど、どれがポプラ並木?ちょうど歩いて来た学生に尋ねると首を傾げる。マップを見せると、あぁ、それなら直ぐそこ・・・まだ若木のポプラの木で、遠くからは分からなかった。ポプラは成長が早いだけに木質がもろいんだそうである。いまや札幌の観光名所になっているポプラ並木は、明治36年、農学校の林学実習材料として苗が植えられたのが始まりとか。。。ポプラの平均寿命である、60~70年を遥かに超え、風倒落木の危険性があったため、新しいポプラ並木を作ろうと云う気運が高まり、創基125周年記念事業として平成12年、苗木70本の植樹が教職員・学生・市民・幼児らの手で植えられたとの事。(北大マップより抜粋)



↑の写真は、平成のポプラ並木横の第1農場から見たポプラ並木ですが、 平成16年9月8日の台風18号、札幌では本当に珍しい最大瞬間風速50mの風で、51本あるポプラ並木のうち19本が根元から倒れ、8本が幹だけを残して傾いたそうです。
b0348195_1851678.jpg

19本のうち、倒れた際の衝撃の少なく再生の見込みの高い2本を立て直し、残りは、並木の残りの木を土に埋めて育てている若木を植えたそうです。ポプラ並木の入り口に近い方はその若木がほとんどですが、この奥の方の古い木がある所は立ち入り禁止になっていました。倒木の危険性がある為だと思いますが。。。ポプラはふわふわとした綿毛で、裸地に真っ先に侵入し芽を出す事から、北大の理念の一つである「開拓者精神」のモデルになっているのだそうです。平成のポプラ並木は車道になっているので、やっぱりこちらのポプラ並木の間を散策する方がロマンチックかも。。。距離は短くなってしまいましたが・・・



[PR]

by y-azusaya | 2007-11-15 23:25 | 樹木 | Comments(8)

Commented by くりまま at 2007-11-16 14:44 x
まさに北海道の風景ですね。

太陽が反射して素敵な写真です。
太陽光線を狙っての撮影だったら凄いですね。

若木が成長すると見事なポプラ並木になるでしょうね。
Commented by sizukaeda at 2007-11-16 20:45 x
晩秋の空、雲 光、落ち葉、そこに若木のポプラ並木・・・素敵な写真!
ポプラが根こそぎ倒れたとのニュース、遠くから悲しんでいましたよ~。
Commented by suigo3 at 2007-11-17 03:11 x
北海道にもポプラがあるのですね。
ポプラは水郷地帯には欠かせない風景と思っていましたが・・・
木は軟らかく大木が途中から折れている光景は時々見かけますよ。
Commented by エルモリア at 2007-11-17 13:09 x
青い空に、すっくりと屹立する、ポプラの樹は
とってもすてきです。

ポプラはやはり、寒いところの植物なのでしょか?
関東で見た記憶がありません。

幼木のうちは、下の方に葉がないのです?
幹が細いので、風には弱いのかもしれませんね。
Commented by つる at 2007-11-18 17:15 x
★くりままさん
ポプラ並木は新旧ともに北大農場の側にありますが
一歩校外に出ると住宅街です。
西日があたっていて眩しく、太陽を少しずらして撮りました。
まだ、標識も何もなく観光客も来ないのでないかと。。。
Commented by つる at 2007-11-18 17:23 x
★ sizukaedaさん
もう少しポプラも育つと、いい風景になるのではと思います。
ポプラは成長が早いと云われていますので
今後が楽しみです。
いまの所観光客もこちらには足を延ばさないようですし。。。
倒れたポプラはチェンバロに姿を変えました。
Commented by つる at 2007-11-18 17:30 x
★suigoさん
北海道にはポプラの木は多いと思います。
水郷地帯にも多いのですか?
大木になると、中が空洞になってしまう事も
あるような。。。
Commented by つる at 2007-11-18 17:48 x
★エルモリアさん
多分日本中にあるのでは思われますが・・・
suigoさんも水郷地帯には欠かせないと云ってますので。。。
あ、沖縄にはないかも知れませんね。
大木になると中が空洞になる事も、
それに根が浅いらしいので強風には弱いようです。