オオウバユリ

b0348195_851563.jpg



先日の野草園で、春にはカタクリやエゾエンゴサク、ニリンソウ等が咲き乱れる所、夏には何にもない所に今年は突然、オオウバユリが一本立っていました。もう既にほとんどの花が咲き終わり、一番上に二輪だけ残っていたので撮って来ましたが、ちょっとピンボケ。。。オオウバユリは漢字では大姥百合と書き、本州中部以北~北海道の山地に自生しているんだそうです。茎が伸びて、花の咲く頃には葉が枯れてしまうことから、年を取った女の人の歯(葉)が抜けることに喩えて姥百合と名付けられたそうで。。。高さ1m~1.5mの大型の一回繁殖型の多年草、地下に鱗茎があり母体は鱗茎ごと枯死するそうで、来年もここで咲くとは限らないようです。そう云えば、昨年まではここから離れた場所にあったけど花が咲いているのは始めて見たような・・・花はほとんど同時に咲き揃って3~4日でしぼむそうですので、たった二輪でも今回はラッキーだったのかも。。。


[PR]

by y-azusaya | 2008-07-28 23:28 | | Comments(6)

Commented by くりまま at 2008-07-29 16:45 x
姥百合って自分にズキリときましたよ。
いやとっくに姥は過ぎたかな?

でも品の良いきれいな花ですね。

百合の種類って多いですね。先日も
山でみたとき姫百合かヒオオギが
判断がつきませんでした。
Commented by ぶしたけ at 2008-07-30 03:58 x
つる様
 石田ゆり子が,グラツィアという
雑誌に出ておりました。
…百合違いでしたか。
Commented by エルモリア at 2008-07-30 15:52 x
くりままさんに、同じく姥というところで
反応していました~^^

お花はなかなか粋な姿ですね。
来年はどこに咲くのか、愉しみな花ですね。

北海道のお花は、ほんとうに清楚でいいものです。
Commented by つる at 2008-08-01 11:02 x
[E:wine]くりままさん
ホンとにこんな名前誰が付けたんでしょうね。
乳母とも考えられるようですが
いずれにしても歯の抜けてしまう年頃の
女性に喩えたようです。
Commented by つる at 2008-08-01 11:07 x
[E:baseball]ぶしたけ様
「(゚ペ) エットォ…
いま何かのドラマに出ておりましたっけ?石田ゆり子・・・
さすが”ゆり”には直ぐに反応ですね!
Commented by つる at 2008-08-01 11:20 x
[E:art]エルモリアさん
辞書で調べたら、姥は単に年取った女、
今の時代は何歳くらいから姥と云えるのでしょうね。
エルモリアさんもくりままさんも
まだまだ大丈夫ですよ~。わたしも・・・^^

来年は咲く時期を注意していて
もっと花が咲いたところを撮ってみたいです。