紅葉のナナカマドと上ホロカメトック

b0348195_854035.jpg



先日の水曜日、お誘いがあって十勝岳温泉に行ってきました。大雪山系の黒岳や旭岳の紅葉が始まったとのニュースが流れたのは9月の初め、その後の暖かさで紅葉もひと休み。。。ここ十勝岳連峰の紅葉もまだで、ただナナカマドの赤さが目に付くばかりでした。夏に行った白金温泉の望岳台からはどれがそうか分からなかったけど、こちらから見た上ホロカメトックは荒々しい山肌で凄い景色でした。標高1280m、雲の上の露天風呂で有名な凌雲閣の横から歩いて30分、十勝岳安政火口(安政年間に噴火)に向かう途中にから見た上ホロカメトックです。


b0348195_854174.jpg
こう云う看板があるとドキッとしますが、北海道の山では何処にでもあることで・・・










b0348195_854128.jpg


安政火口への道順には予備知識なしで、皆目見当が付かないで歩いていました。ちょうど下山して来た方に出会ったので伺うと、我々の姿を見てあと20分位かな~と。。。俄然、歩く気持ち満々。ついでにそこから見える山の名前をお聞きしました。これが三段山(1748m)です。





b0348195_854196.jpg


三峰山(1866m)ここがやっと薄っすらと色づいて来てました。







b0348195_85413.jpg





この真ん中のが富良野岳・・・多分。。。聞いたけどこの辺は記憶も定かではなく・・・












[PR]

by y-azusaya | 2008-09-21 16:27 | 樹木 | Comments(0)