インディアン水車

b0348195_85504.jpg


パレットの丘に行く途中の、国道337号線沿いには道の駅「サーモンパーク千歳」があります。
支笏湖を源流としている千歳川沿いに、「千歳サケのふるさと館」があって、鮭や川の中の生き物を直接観察出来る様になっている様ですが、この日はパス。。。その裏に、遡上する鮭を捕獲するインディアン水車がありますが、この日は鮭の捕獲は見られませんでした。時間が遅かったから?初めて見に行ったのに残念!この千歳川の水車は純粋に水だけで回転しているんだそうで、鮭の遡上が多い日は重みで回らなくなるため、人力で回すこともあるようです。インディアン水車は元々捕魚車と呼ばれていましたが、昭和46年頃からインディアン水車と云う呼ばれ方が一般化したそうですが、その起源は北アメリカの原住民ではなかったようです。で、この捕魚車を原住民族が使っていたかのような呼び方は誤解を招きかねないそうで。。。とは云え、このインディアン水車は秋の千歳川の風物詩となっています。
b0348195_855034.jpg



帰りは千歳川の源流となっている支笏湖周りで帰ることにしました。暮れ行く夕日との競争で、免許を忘れて来た姪の、時々発するあっ、安全運転安全運転との掛け声とともに湖に到着。どうにか落ち行く夕日を眺めることが出来ました。


[PR]

by y-azusaya | 2008-10-10 23:19 | 日々のできごと | Comments(6)

Commented by くりまま at 2008-10-11 12:37 x
流石に北海道ですね。「サーモンパーク」
があるなんて・・・・
鮭の重みで回らなくなるなんてその様子を見てみたい気がします。

湖に映る夕日の色と雲のコントラストが
素敵ですね。
Commented by 啄木鳥 at 2008-10-11 13:25 x
つるさん、こんにちは、尻別川にも鮭が遡上してきています。支流の目名川では簗を作り捕獲していますが、インディアン水車のような醍醐味はありません。今頃、カヌーを出すと身体のあっちこっち傷だらけになった鮭が上流を目指して泳いでいるのを見ます。その痛々しい姿に、ガンバッテと声をかけたくなります。
Commented by massan at 2008-10-12 05:19 x
薩摩川内からお久しぶりです。

鮭の遡上の季節なのですかね。
このようなポイントは見れないでしょうが、
私は、10月16日から北海道へ会社の研修旅行です。

鹿児島からですので、知床・旭川・札幌・小樽とポイントだけのようですよ。
季節感がわからず、とりあえず寒さの準備をしながら、木曜日を楽しみにしている状態です。
Commented by つる at 2008-10-12 16:03 x
[E:wine]くりままさん
ホンとに私も見てみたいです。
話しには聞いていたのですが、
ここには初めて訪れました。
捕獲していなくても、川に鮭の姿が見える筈と
姪が云ってましたが、この日はそれも無しでした。
支笏湖も何十年ぶりかで訪れました。
駆け足で通り過ぎましたが・・・
Commented by つる at 2008-10-12 16:18 x
[E:tennis]啄木鳥さん
鮭は子孫を残すために一生懸命に川を遡って来て
一生を終えるんですね。
傷だらけの姿はテレビなどで見ますが
本当に痛々しいですね。
遡上する鮭は以前函館の川で見ました。
近間の豊平川でも遡上してきている筈なんですが
ここは数も少ないようで、まだ一度も見た事がありません。

そろそろカヌーでの川下りも寒くなって来たのではありませんか?
Commented by つる at 2008-10-12 16:51 x
[E:cafe]massanさん
あ、お久し振りです。
鹿児島にお住まいでしたか。。。
九州から見ると初冬の感じかな・・・?

10月の北海道は、昼間と夜の気温差が大きいですし、
道央・道北・道東でもかなり違うのではと思います。
ここのWEBページ欄に「これきてドットコム」のリンクを貼っていますので
服装などはこちらで情報を得られるのではと。。。

週間予報では今の所比較的好いお天気のようですので
楽しい北海道旅行になる事願っております。
とかくサービスは最低と云われる土地柄ですので・・・