待宵

b0348195_1053326.jpg お隣から毛蟹を頂きました。
タラバ蟹などは、ちょっと食べただけで飽きてしまってたくさんは食べられませんが、毛蟹は丸ごと一杯は行けます。
で、こんな時は米焼酎・・・いつもは芋焼酎ばかりの私に、是非飲んで欲しいと熊本から送られて来ました。
本当にありがとうございます。
この「街宵」と云う焼酎は、熊本県限定の球磨焼酎で、麹を100%使用した全麹仕込みの本格米焼酎です。通常は一次仕込みに米麹、二次仕込には蒸米を使うそうですが、こちらは全てに米麹を100%使用して、二次もろみの完成まで約20日間、それから半年をかけて熟成させると云う事で、量産が出来ないために熊本限定になっているそうです。
とても香りが高く、こくのある美味しい米焼酎ですが、28度をロックでいつもの量を頂くとちょっとヨッパになります。これからは、いろんな米焼酎にも挑戦して見ようかなと思わせてくれた「待宵」。。。素敵なネーミングの「街宵」とは旧暦8月14日の月のことで、翌日の名月を待つ思いだそうです。
月に関する秋の季語になります。
b0348195_1053435.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2009-03-04 22:24 | 日々のできごと | Comments(4)

Commented by くりまま at 2009-03-05 21:42 x
おぉ!立派な毛蟹ですこと。
蟹は食べるのが大変ですよね。

我が家はつるさんと反対に芋焼酎は
滅多に飲みません。

でも今の芋焼酎は昔に比べてとても
飲みやすくなっているそうですね。

熊本でも黒霧島などは超売れていますよ
Commented by ぶしたけ at 2009-03-06 20:40 x
つる様
 熊本…ですか。いってしまわれるの
ですねぇ…。
Commented by つる at 2009-03-07 10:12 x
[E:wine]くりままさん
待宵、美味しく頂いております。
ありがとうございました。
焼酎の第一歩は黒霧島でした。
で、芋焼酎にハマってしまいました。
今度は米、いろいろ試して見ますね。

蟹は無口になりますね。
で、宴会でも静か~になります。
蟹は料理したものを食べるよりも、
シンプルにそのまま茹でたのを食べるのが
一番美味しいと思います。
Commented by つる at 2009-03-07 10:14 x
[E:baseball]ぶしたけ様

いってしまわれるとは?