「古代ローマ帝国の遺産」展

b0348195_125184.jpg 今日で終わってしまいました。
ずっと前に招待券を頂いていたのに、終了するまであと数日って云うある日、慌てて見に行って来ました。300年もの長きに渡り栄華を誇った古代ローマ帝国。帝国の繁栄はその広大な領土に富をもたらし、人々は豊かな生活を謳歌してましたが西暦79年、南イタリアのヴェスヴィオ火山の噴火で、周辺の街は一瞬にして火山灰に埋もれてしまいました。今回は、悲劇の街ポンペイの出土品を始め、日本で始めて紹介される初代ローマ皇帝アウグストゥス等の大理石の肖像や工芸品、壁画など、イタリア各地のコレクションから選りすぐりのものが出展されてました。

会場ではVR(バーチャルリアリティ)映像の展示もありまして、ポンペイにあった個人の邸宅「黄金の腕輪の家」の、当時の姿を視覚的に再現されたものを見ることが出来ました。当時の人は寝台に横になりながら食事をしたそうで、食卓テーブルの傍には椅子ではなくベットが置かれていました。居間と云われる部屋もとっても狭く、周囲には「庭園の風景」と云われている壁画が描かれている事で、広く感じられました。火山灰に埋もれる前の豊かな生活を垣間見る事が出来るVR映像、見終わった後はもう一度、展示されていた「庭園の風景」の南壁と東壁に立って見ました。本当に狭い空間なんで、皆が集う居間ではなくて個人用の居間なのかしらと。。。




[PR]

by y-azusaya | 2010-08-22 23:06 | 日々のできごと | Comments(4)

Commented by くりまま at 2010-08-23 21:30 x
こんばんは
今日も36度4分の猛暑日でした。もうげんなりです。

食卓テーブルの横にベッドがあって横になりながらの食事風景・・
ちょっと想像できませんね。

先日の函館美術館といい、今回の美術館といい、
素晴らしい展示会へ行かれましたね。
つるさんにとっては収穫の夏でしたね。
Commented by つる at 2010-08-25 11:07 x
[E:wine]くりままさん
こちらはやっと真夏日から抜けれそうですが、
北海道らしからぬ蒸し暑さには閉口です。
ローマ展では神々や人物の名前が覚えきれなくて・・・
大理石の彫像はとてもきれいでした。
黄金の腕輪の家では、丸いテーブルをコの字型に寝台が
取り囲んでいました。
寝台と云っても簡素な台みたいなものです。
そう云えば、映画で寝そべって食べたり飲んだりしている
シーンを見たなぁと思いました。

まだまだ猛暑日が続きそうですね。
どうぞご自愛下さいね。
Commented by あやぞう at 2010-08-26 09:57 x
私も終了間際に行ってきました!
ローマの繁栄ぶり・・圧巻ですよね。
それにしても彫刻の顔、どれもこれもほりが深いこと・・実物がみてみたいっ
Commented by つる at 2010-08-27 10:01 x
[E:wine]あやぞうさん、おはよう~♪
展覧会は長期間やっていても、
いつも行くのは終了間際になります。
夏休みが終わっていても混んでました。
彫刻の顔は理想の顔なのかしらね~?
実際はどうだったんだろうね。