シダレカツラ

b0348195_1253511.jpg



b0348195_125351.jpg
何故かこの時期にならないと北大構内に足が向かないので、いつもはシダレカツラも葉が落ちた姿しか見られませんでした。
今年は暖かい秋のせいかまだハート型の葉がついていました。

シダレカツラはとっても珍しい木なようで、岩手県で発見されました。突然変異で生まれた、桂の枝垂れ性変異種ですべて雄株なのだそうです。普通の桂は種で増やすそうですが、シダレカツラは接ぎ木で増やします。盛岡市には国の天然記念物に指定されている木もあって、盛岡市の木に指定されているようです。


札幌には北大の花木園と北海道庁前庭にもあるそうですが、道庁のはまだ見たことがありません。写真で見る限り、道庁の方のは見事な木であるようなので今度はそちらを見てみたいと思います。




[PR]

by y-azusaya | 2010-10-29 23:40 | 樹木 | Comments(2)

Commented by くりまま at 2010-10-30 12:31 x
台風も何のこともなく通り過ぎました。

シダレカツラって葉っぱが枝垂れているのですね。
花の枝垂れとはまた違った綺麗さでしょうね。

珍しい木を見せて頂きました。
Commented by つる at 2010-11-03 11:57 x
[E:wine]くりままさん、こんにちは♪
3日続きの雨で、少々うんざりです。

カツラの木は葉っぱがハート形で可愛いです。
シダレカツラは葉が重なり、密集しているように見えるので
きれいと云うのとはちょっと違う感じです。
この花木園のカツラは葉がマバラですけどね。