山荷葉(サンカヨウ)

b0348195_135156.jpg

2年後の作品展までに、我が教室では小さな丸筥に共通テーマである北海道の花を彫る事になった。それぞれ自分の彫りたい花を早い者勝ちに決めてしまって後、しばらくお休みしていたお仲間が取り上げられなかった花々を羅列してきた。その中に見慣れない”山荷葉”って名前があったので、どんな花?って聞くと、次のお稽古日に持って来てくれた。荷葉ってどう云う意味か知っている?と聞かれたけど、知らなかった。。荷葉とはハスの葉の事なんだそうで、とても物知りのお稽古仲間である。



b0348195_135155.jpg
葉の付き方がハスに似ているので、平地のハスに対して山のハスと云う事で山荷葉と云うらしい。
開いた葉は蕗の葉に似ています。花は、開いたら直ぐにはらはらと散ってしまうので、長い間愛でる事は出来ません。北海道と本州の北部、山地の湿った所に出るようですので、山歩きでもしないと見られません。




今年の作品展は来週から・・・出そうと思っていた作品の塗りが完成出来ず、当地では未発表の、お蔵入りの作品に替えて出品する事になりました。目録や作品カードは自分の所で作っているので、人様に迷惑を掛けないで済んでホッとしております。


[PR]

by y-azusaya | 2011-05-19 17:34 | | Comments(2)

Commented by くりまま at 2011-05-20 10:31 x
今日も爽やかな一日になりそうですよ。

山荷葉って初めてです。九州では見れない花でしょうか?

葉っぱが凄く大きいですね。

作品展が始まるのですね。つるさんの作品を
ブログで拝見するのを楽しみにしています。
Commented by つる at 2011-05-21 22:51 x
[E:wine]くりままさん、こんばんは。
こちらは、なかなか晴れのお天気が続きません。
そう云えばライラックが開花したそうで(我が家のはまだですが)
リラ冷えなんだわと云う話をしてました。
今年の5月はずっとリラ冷え見たいなもんです。

私の持っている図鑑では
山荷葉の分布に九州が入ってませんでした。
葉っぱは蕗の葉くらい大きいものです。