美瑛に青い池を訪ねて・・・(2)

b0348195_1352154.jpg


b0348195_1352196.jpg
美瑛には何回も訪れている姪にして、この道は初めてみたいと云う丘の道を巡りめぐって、ようやく道道十勝岳美瑛線に出ました。この道にさえ出れば後は一直線、このまま白樺街道に入ります。来る道道、雲に閉ざされていた十勝連峰の姿が見えてきました。青い池の事はよそ様のブログで知っていましたが、どこに行けば見られるのか分かず、2008年には素通りしていました。今や白樺街道沿いに看板が出ていて、大勢の人が訪れる所になっていました。

b0348195_1352184.jpg

この青い池は、昭和1988年~1989年の十勝岳噴火を契機に火山泥流対策として砂防ダムが作られ、それで出来たダム湖です。青い色はダムの水量によって水色の深みが変わるそうで、春の雪解けの頃が良いと聞いていたのはそれでかと。。。実際に、ちょっと思っていた色とは違っていたので、水の深さが関係しているのかなぁ~と二人で話していた所でした。ブルーリバーと云われる美瑛川のブルーは、白金温泉からの温泉成分の影響とも云われていますが、はっきりした事は分からないようです。自生していたカラマツの立ち枯れが幻想的な雰囲気ですが、だんだん腐食が進み数が減って来ているそうです。



b0348195_1352141.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2011-08-30 18:01 | 日々のできごと | Comments(2)

Commented by くりまま at 2011-09-01 11:53 x
ブルーの湖面にカラマツの写真は素敵ですね。
まるで外国の景色みたいです。

水の深さで色が変わるなんて神秘的です。
やっぱり自然が織りなす美しさには勝てませんね。
Commented by つる at 2011-09-02 21:43 x
[E:wine]くりままさん、こんばんは。
もっと青い色を想像していて、ちょっと違うな~と・・・
ネット上で探した写真にも様々な色がありました。
撮っているカメラのせいもありますね。

秋には紅葉にブルーの色で、また違った姿を見せてくれるようです。