「くらしのあくせさりぃ」展

b0348195_1653088.jpg



b0348195_165309.jpg


私の鎌倉彫と漆塗りの先生の個展が、ギャラリーを併設している「茶廊法邑」で開催されています。お稽古仲間と地下鉄駅で待ち合わせ、案内葉書の地図を頼りに歩いて行きましたが、地下鉄の出口を出た所で西も東も分からなくなり、いったいどっちへ向かったら良いのか・・・聞くのが一番と、交差点で交通安全のために立っている方に目印の病院を聞いて、方向を定めました。それでも地図の小さな印を見逃して行き過ぎってしまい、ようようたどり着きました。


今回は鎌倉彫と云う範疇を外しての展示会と云う事で、様々な漆塗りの手法の物が見ることが出来、とても勉強になりました。 漆を何層にも塗り重ねたものに彫刻した堆朱のペンダントを購入しましたが、アクセサリー類はほとんど付けないので、私はこれを携帯ストラップにしたいと思っています。

b0348195_1653096.jpg
案内状の「リラの花にさそわれて、そろり漆、ゆったり漆、自分の器さがしをしてみませんか」の言葉にもあるように、お出かけになって見ませんか?棗・豆小皿・鉢・竹かご・アクセサリーなどの中で、素敵なものが見つかるかも知れません。





札幌市東区本町1条1丁目8-27「茶廊法邑」にて6月2日(水)~6月10日(木)まで開催してます。尚、6月8日(火)は休館日です。




[PR]

by y-azusaya | 2010-06-02 23:26 | 日々のできごと | Comments(2)

Commented by くりまま at 2010-06-03 09:05 x
こんな素敵な展示会、おでかけしてみたいです。

「あくせさりぃ」ってひらがなにすると凄く趣がありますね。
案内状の言葉も素敵です。流石と思いました。

それにしても北海道はちと遠いです。
Commented by つる at 2010-06-04 22:45 x
[E:wine]くりままさん、こんばんは♪
ほんとに、近くだったら見て頂きたいと思いました。
私たちの教室展では作品を売ることは無いのですが、
先生の個展では即売しているので、作品を手にとって見られます。
器の裏側にも文様が入っていて、見えないところにもお楽しみがあります。
いろんな手法の作品があって、とても勉強になりました。