リョウブ

b0348195_165313.jpg



個展会場にあった花はリョウブだそうで、漢字では「令法」と書くようです。開催初日だったもので、花はまだ蕾の部分がほとんどでしたが、この新芽を食べる事が出来るようで、昔、飢饉に備えて令にて植えさせたものからその名前が付いたようです。新芽を湯がいて乾燥させ貯蔵もしたそうで、それを穀類などに混ぜて炊いて食べたようなんですが、味が無いそうで美味しくもなく不味くもないそう・・・癖がないと云うのは食べやすいのかしらねぇ。。。

b0348195_1653175.jpg



北海道南部から九州の山林に見られる落葉高木ですが、いつも行く公園にもあったのを思い出しました。札幌の平地では7月下旬頃に咲いていたように思います。4年前に撮っていた写真を探し出しました。最近では花の時期を逸してしまっていて、これ以降は花を見ていません。


[PR]

by y-azusaya | 2010-06-06 23:09 | | Comments(2)

Commented by くりまま at 2010-06-07 13:21 x
「リョウブ」、こちらでも見たような気がします。
なにせ植物類には疎くて気が付かない事が多いですが
この木(ですよね)は白い花がいっぱい咲いていますよね。
車の中からみて「何の木だろう?」って何時も思っていました。
遠くから見ると白い藤の花に見える事もありましたよ。
ひょっとしたら違うかも知れません・・[E:coldsweats02]
Commented by つる at 2010-06-08 22:42 x
[E:wine]くりままさん
展示会場のは生け花用に育てたみたいで
華奢な感じでしたが、公園のは結構大きな木です。
こちらでは7月に咲いていたようなので
九州では今頃でしょうかね?
藤のように見えるのはきっとそうかもしれませんね。
最近は花の時期を逸してしまって見てないのですが・・・