キカラスウリ(黄烏瓜)

豊平公園の野草園、そこの垣根に這っていた奇妙な花がキカラスウリ(黄烏瓜)であった。烏瓜の実の図案は目にしていたが花は知らなかった。烏瓜と花が若干違うが、キカラスウリは夕方に白い花を開き始め翌日の朝遅くにしぼむ。秋には卵形の長さ10cmほどの黄色い実をぶら下げるそうだが、まだ実は見たことがない。実を付けることが頭に無くて見に行ってない・・・多分。根はイモ状で、その澱粉を天瓜粉(てんかふん)と云って子供の汗疹に外用するそうだが、今でもそうなのでしょうかね・・・?



b0348195_175940.jpg




[PR]

by y-azusaya | 2006-08-22 10:44 | | Comments(4)

Commented by suigo3 at 2006-08-22 23:24 x
つるさんのブログは大変参考になります。
我が家の庭も烏瓜に占拠されて早く抜かなければと思いつつ・・・
黄烏瓜と言うのもあるのですね。
周りを調べてみましょう。
いつも有り難うございます。
Commented by くりまま at 2006-08-23 08:22 x
烏瓜ってお漬物にする瓜ですよね。違ったかな?
本当に変わった形の花ですね。ジャングルに咲く花みたい!

天花粉の香り大好きですよ。
懐かしい感じがして。
Commented by つる at 2006-08-23 22:48 x
suigoさんのお家には烏瓜があるのですね。
キカラスウリと花が少し違っていて
烏瓜の花の方がほっそりしているようです。
烏瓜の実も見たことが無いのですが
確か赤いのでしたね?
Commented by つる at 2006-08-23 23:00 x
くりままさん、烏瓜は漬物用とは違うようですよ。
いまネットで調べて見ました。
ベビーパウダー、私も夏場は使っています。
今のベビーパウダーは何から作られているのでしょうね?