アメリカ芙蓉

今日、8月最後の日は亡くなった母の命日です。今年で9年になりますが、その日はイギリスのダイアナ妃が亡くなった日でもあり、テレビでニュースが流れ驚いたものです。友引の日があってお葬式が終わるまで4日も掛かりましたが、それだけゆっくりとお別れが出来ました。母が何処からか頂いて来たアメリカ芙蓉の花が、ちょうど今時期次々に咲き出しています。アメリカ芙蓉はアラバマ地方原産のとても大きな花の芙蓉です。うちのは桃色ですが、他に白、赤、白と桃色の覆輪があるようですが、他の色はまだ見た事がありません。ハイビスカスの一種の耐寒性宿根草だそうでこれも一日花です。母は華やかな花が好きだったようで、この大きな芙蓉も庭にあってひと際目立ちます。花言葉は「日ごとの美しさ」だそうで・・・



b0348195_1751013.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-08-31 17:25 | | Comments(2)

Commented by つる at 2006-09-02 23:46 x
芙蓉の花は私もあまり見かけた事がないです。
ムクゲや立ち葵と同じ仲間のようで、
それらは結構アチコチに植わっていますが・・・
くりままさんのお母様は3回忌ですか。
思いがまだまだ薄れない時期でもありますね。
今年のお盆には、夢に母が出て来てとても懐かしく感じました。
Commented by くりまま at 2006-12-16 09:31 x
形は大きくて艶やかですが優しい色ですね。
芙蓉の花って名前からして華やかな感じがします。でも実物はあまり見たことがありませんよ。

母上と別れられたのはつるさんの方が早かったのですね。私の母は今年の春が三回忌でした。

-----

PING:
ダイアナ元英皇太子妃が1997年、パリで交通事故死した際の死因を調べとったロンドン警視庁のジョン・スティーブンズ前長官は14日、約3年にわたった調査内容を公表したちうわけや。http://blog.with2.net/link.php?385960