裸の貴婦人コルチカム

秋になって地面から突然花のみがニョキニョキ顔を出すのはコルチカムで、別名ではイヌサフランと云うのだそうだが、サフランはアヤメ科、コルチカムはユリ科なので全く別のものだそう・・・北海道では初夏の頃に出た葉が枯れて一度休眠し、秋に花のみが出てくる。葉をつけずに地面から現れる事から「裸の貴婦人」とも呼ばれるとか・・・コルチカムの球根を机などの上にそのまま置き、土や水をやらなくても花を咲かせる。だがそれは一回だけで寿命が尽きるので、花が咲き終わったら土に埋めてやらないと腐ってしまうとの事。我が家には3種類のコルチカムがあって、色の濃いのが一番早く咲き出し八重のが一番後から顔を出した。先日の風雨で倒れてしまったのも多い。



b0348195_1751466.jpg



b0348195_1751450.jpg



b0348195_1751475.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-10-11 22:41 | | Comments(2)

Commented by くりまま at 2006-10-13 10:23 x
つるさんおはようございます。
熊本は連日の真夏日ですよ。

コルチカムの花初めてです。私の初めての花が多くてあきれていませんか?
葉の無い花って彼岸花みたいですね。
彼岸花は花が終わってから葉が出ますけど・・・
名前のとおり気品のある花で色がいいですね!
Commented by つる at 2006-10-15 22:33 x
コルチカム、そちらでは余り見かけませんか?
札幌はそろそろ菊以外の花はなくなるので
最近は、コルチカムを植えている所が
増えているように思います。

昨日の朝は霜が降りたようで
段々秋も深まりつつあります。