冬の花シクラメン

冬になると緑のセンターの温室でシクラメン展が開催される。このシクラメンは地中海原産のサクラソウ科の花で、日本には明治末期に渡来したとか・・・上に反り返って咲く姿がかがり火に似ている事から、和名ではカガリビバナと呼ばれているが、もう一つの別名は、こんな美しい花には可哀想なブタの饅頭なんて名が付いている。球根の形が饅頭に似ているからとも、また原産地の野生のブタが好んで食べた事からとも云われている。育成温度が15℃~20℃と云う事で、暖かく乾燥している部屋よりも若干寒い部屋の方が向いてるので、近年の北海道の家では長持ちさせるのが難しい。ここの温室も何時もよりは低い温度であったような・・・



b0348195_1751972.jpg




[PR]

by y-azusaya | 2006-12-04 20:23 | | Comments(4)

Commented by くりまま at 2006-12-05 08:39 x
おはようございます。
シクラメンの別名って初めて知
りましたよ。

何度か頂いて大事に育てましたが
どうしても二年目は駄目になります。
温度調整が難しいのでしょうね。

でもこの花を見るとお正月が間近だと
感じます。
Commented by つる at 2006-12-08 22:35 x
nicoのおかあさん、こんばんわ!
今年は根雪が遅いと云う予想に反して
最早融けそうにない状態です。

シクラメンの球根を寝かせて、
また咲かせる事が出来たのは
余程管理が行き届いていたのですね。
シクラメンは花屋さんで眺めるだけにしています。
この時期沖縄でもシクラメンは出回るのでしょうか?
Commented by つる at 2006-12-08 22:41 x
くりままさん、こんばんわ!
私も豚の饅頭と云う別名は初めて知り、
とっても似つかわしくない別名だと思ってしまいました。
この時期はシクラメンとポインセチアが目立ちますね。
Commented by nicoのかあさん at 2007-01-05 14:45 x
シクラメン、美しいけれど育てるのは難しい花ですね。

高校時代の3年間を、東北の塩釜で暮らしました。

その頃家には、大きなシクラメンの鉢があって、
花が咲き終わると、祖母が縁の下に鉢をひっくり返して、
秋まで、球根を寝かせていたような、記憶があります。

瑞々しいお写真と、名前の由来に、思わず笑みがこぼれます。
-----

PING:
冬に見ることのできる花々 2006年に当サイト「秘密の花園」にご来訪くださって感...