奇想天外

b0348195_1851511.jpg
前回から引き続き、緑のセンターからのものです。
多肉植物にはあまり興味がないので(花も咲いてないし…)いつも見過ごしていましたが、これはとっても珍しい植物なんだそうです。
ウェルウィッチア、日本では奇想天外という名前で知られ、生涯を通して左右対の2枚の葉が螺旋状に伸び続け、1000年以上もの寿命があるそうです。
原産地はアフリカのナミビア・アンゴラで、ナミブ砂漠では希少な植物として厳重に保護されているようです。こんな希少価値のある植物が身近にあるなんて知りませんでした。以前、京都府立植物園から盗まれてしまった事があるそうですが・・・


[PR]

by y-azusaya | 2013-01-29 17:39 | 植物 | Comments(2)

Commented by くりまま at 2013-01-30 10:04 x
わぁ!不思議な植物ですね。
何となく女の子の長い巻き毛のヘアースタイルを
連想しました。
アロエや万年青に似ていますね。

葉はどこまでも長く育つのですか?
Commented by つる at 2013-01-31 17:51 x
[E:wine]くりままさんへ
今日はプラス気温で暖かく、道路に水溜りが出来ています。
私も巻き毛を連想しました。
多分ちょくちょく目にしている筈なんですが
気にも留めていませんでした。
多肉植物と云ってもアロエほどの厚みがないです。
砂漠ではもっと広い葉になるようで、
避けて複数の葉があるように見えるようです。
ここのも種から数十年経っているようで、
この先は何処まで伸びるんでしょうね。
何しろ長寿命ですので・・・