カテゴリ:花( 322 )

ハコネウツギ



先週の事、家から歩いて行ける総合病院への道すがら
懐かしいハコネウツギが花盛りでした。
子供の頃、うちにもあったハコネウツギでしたが
その時は名前も知らずにいたけど何となく好きだった。
道路の拡張やら、自宅の転居やらで無くなってしまったが・・・


b0348195_16325373.jpg



ハコネウツギは日本原産で海岸付近に自生したもので
もともと箱根には自生していなかったらしい。
白・桃・紅色と三色に分かれて咲くのかと思っていたら
白~桃~紅色と変化するのが特徴で
ほとんどが3色の姿で単独色を見る事はないらしい。


b0348195_16330821.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2017-07-21 12:14 | | Comments(2)

ジキタリス


暑い日が続いております。
10日には、4日連続でなった真夏日は
7月上旬では125年ぶりだったとニュースで流れました。
温暖化の著しいこの頃ではありますが
125年前に30℃を超える日が連続であったと云う事も、驚きでした。


昨年の花フェスタで買って来たジキタリス。
買って来た当初は、たった1本しか花が咲きませんでしたが
今年はこれだけの花が付きました。
気が付いた時にはもう咲いていて
下の方から次々と咲くので長い間楽しめました。


b0348195_16500776.jpg


ジキタリスは別名で「きつねの手袋」とも呼ばれ
原産地はヨーロッパや西アジアで、全草に毒性があるそうです。
その反面、薬草でもあって強心利尿薬として使われていたそうです。
ジキタリスと云う名前は何かの小説で、強心剤として出てきたような・・・?


b0348195_16502665.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2017-07-12 12:15 | | Comments(4)

カナダシュウメイギクと云われたけど・・・


一昨年頂いた花にくっ付いて来たこの花
カナダシュウメイギクだと云われましたが・・・

春咲シュウメイギクと呼ばれているものの中に入るのだと思いますが
カナダシュウメイギクと云う名前では見つかりませんでした。
極小型のカナダシュウメイギクと云うのがあるらしいので、それか?

6月初旬から咲き始め、未だに次々と花が咲いていて長い間楽しめます。
白い可愛い花は切り花にしても水揚げがよく
小さな蕾もちゃんと開いてくれます。


b0348195_17574910.jpg

b0348195_17572690.jpg

b0348195_21351707.jpg



下の花が本来頂いた花ですが
聞いた名前で検索して見ても探し出せませんでした。
通称ではなく本当の名前と云われたものでも・・・
なので、正確な情報はなしですが
4月下旬、葉の出る前に白い花が咲きだしました。
真っ白な可愛い花です。


b0348195_21362984.jpg

花が終わった後に葉が出て来ます。
この葉とカナダシュウメイギクと云われる花が混在したままですが
咲く時期が違うからこのままでも良いかと思ったり・・・

b0348195_21360431.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2017-06-29 12:05 | | Comments(2)

今年の桜は


夏のような陽気に、八重桜も盛りを過ぎつつあります。
これは我が家の八重桜ですが、今週の始めに撮ったものです。
この花で札幌の桜のシーズンも終わりです。

b0348195_12160123.jpg



写真を撮りためてはいたのですが、なかなか更新できず・・・
やっと少し落ち着いて来たので一挙に公開です。

先ずは5月初めに撮って来たエゾヤマザクラ。
標本木であるソメイヨシノよりも早くに開花する北海道の桜ですが
この時はまだ満開にはなっていませんでした。
この後の好天気に一気に咲き急ぎ散って行きました。

b0348195_23460605.jpg


ストレッチのトレーナーに、農試公園の桜がきれいだと聞いて
初めて子供の日に行って来ました。
もう既にエゾヤマザクラは終わって、ソメイヨシノが満開でした。

b0348195_23464310.jpg


b0348195_23470346.jpg


b0348195_23475576.jpg


b0348195_23474028.jpg


b0348195_23462586.jpg



遠くに見える手稲山にはまだ雪があります。
山の残雪と桜、北海道ならではの景色でしょうか・・・


b0348195_23472399.jpg




[PR]

by y-azusaya | 2017-05-18 22:47 | | Comments(4)

プレクトランッス ”モナラベンダー”


b0348195_11362400.jpg

緑のセンター2Fに、この鉢植えがあちこちに飾られていました。
なんと云う花なんだろうと名札を探したけど見当たらず
ちょうど水やりで温室に出入りしていたお兄さんに聞いて見る。
枝葉に隠れて見えなかった所から名札を取って見せてくれた。
プレクトランッス”モナラベンダー”
見ても覚えきれる名ではなかったので、スマホでパチリ!
ここではプレクトランッスって云っているけど
プレクトランサスと云う場合もあると親切に教えてくれた。
農業学校の実習生らしき???

南アフリカ原産のしそ科の植物で、
自生しているプレクトランッスを交配してつくられた品種だそうだ。
これはネットから・・・


スマホのアプリに背景ぼかしと云うのがあって
ずっと前にダウンロードして置いた。
ほぼ忘れていたのを思い出し、使って見た。
サイズは携帯サイズだけど、初めての背景ぼかしはこんな感じ・・・

b0348195_11360641.jpg




[PR]

by y-azusaya | 2017-03-16 16:30 | | Comments(4)

椿 ババラーク


先週、何ヶ月ぶりかで緑のセンターに行って来ました。
クリスマスローズ展をやっていたので見にいって来たのですが
展示されて4日目には、もう目を引くようなものがありませんでした。
人気のクリスマスローズは、初日に良いものから売れてしまいます。
それでも雪が解けたら地植えしようと、一つだけ蕾が付いた一鉢を買ってきました。

買って来たクリスマスローズの代わりに登場するは
ババラークと云う八重の椿です。


b0348195_11221667.jpg


あまり大きくない鉢植えが何種類か売られていました。
その中の、きれいな色と650円と云うお値段に引かれて
ババラークと云うこの椿を購入。
風の強い日で、帰りにスーパーなどに寄ったりしている内に
一番大きな花が落ちてしまって・・・

乾燥し過ぎているこちらの室内では開花が難しいので
暖房のない玄関に置いていたのですが、油断していました。
開きそうになっていていた蕾が散れていました。
ガラスに近づけて置いていた所、未だに夜は氷点下になるこの季節
寒かったのかも知れない。


b0348195_11222927.jpg

椿と云う名札がついてはいたのですが、この花はパラパラと散れるのです。
椿の花は散らずに頭ごとポトリと落ち
椿に似た花、山茶花は花びらがパラパラと散ると云われていますが・・・
この椿の情報が少なくて・・・


b0348195_11224299.jpg


こちらは緑のセンター玄関にあった、鉢植えの山茶花です。
椿よりもだいぶ小ぶりの花です。

b0348195_17292639.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2017-03-09 17:47 | | Comments(2)

丘わかめ


昨年、姪がドライブ途中の道の駅で買って来た"丘わかめ"なるもの
春に、トマトの苗を買いに行った所にあったら買ってきて~云う事で購入。
説明書を貰って来てはいたが、かなりアバウトな育て方をしてきた丘わかめである。


b0348195_07380350.jpg

丘わかめは、江戸時代に中国雲南省より台湾や琉球地域に長寿の薬草として伝来
漢方の世界では高質薬草として珍重され、限られていた地域で栽培されていたそうで
マグネシュウム・カルシウム・亜鉛・葉酸・ビタミンAなど
ミネラルやビタミンなどがバランスよく豊富に含まれているそうです。
その含有成分には抗酸化作用・免疫力向上作用・脂肪酸代謝作用
老化防止作用などの作用があると、頂いて来たプリントに書かれていました。

昨年買って来たものは手のひら大だったけど
家で育てたものはなかなか大きくならず食べごろが分からんと、
ずっと収穫せずにいました。あんまり肥料もやらなかったからねぇ・・・

とある農産物販売所に売っていたのを見たら
我が家のと大きさが変わらなかったので、それではと収穫して食べて見ました。
丘わかめは独特の粘りとシャキシャキの食感があります。
先ずはシンプルに茹でて・・・
苦味もあると書かれていたけどそれはあまり気にならず
それよりも遠くの方から微かに土臭い味が・・・

それ以来収穫せずにいて、伸びに伸びて花がたくさん付きました。
鉢に上げると室内でも育てられるようですが
これからどうするのか・・・姪次第です。
掘り起こすとむかごが出来ているらしいので、それはちょっと食べて見たい。

b0348195_07373808.jpg

b0348195_07375112.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2016-10-14 11:59 | | Comments(2)


昨日、大雪山系旭岳(2291㍍)で初冠雪があったと
今朝の新聞で知りました。
8合目から山頂にかけての、薄っすらと積もった雪化粧も
今後、気温が平年よりも高くなるため解ける見込みだそうですが
平地でも朝晩はヒンヤリするようになって来ました。


先日訪れたコスモス畑の脇の方には、萩の花が咲いていました。
秋の七草の一つである萩は、万葉集で一番読まれている植物です。
その時代の萩は山萩と云われているものだそうで
ここの萩は、公園や庭などに多く植えられているミヤギノハギで
別名ではセンダイハギと呼ばれています。
枝が長く垂れ、優美な姿で花盛りでした。


b0348195_15082053.jpg


b0348195_11440761.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2016-09-30 22:41 | | Comments(2)

コスモス

シルバーウィークの一日、コスモスを見に行って来ました。
4年ぶりに訪れたのは国営滝野丘陵すずらん公園
秋晴れのなか大勢の人が見えていました。

b0348195_18092118.jpg

丘の下の方には黄花コスモスやチョコレートコスモスもあったけど
開花している花数が少なく、まだこれから?もう終わった?の状態。
やっぱりコスモスは、昔からあるこの濃淡のピンク色のが一番好きです。

b0348195_18080870.jpg



b0348195_18082483.jpg



お天気は好かったけど、風の強い日でコスモスも揺られています。


b0348195_18090347.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2016-09-26 11:48 | | Comments(4)

クサノオウ

近くのマンションの壁際に咲いていたこの花
なんて云う花かな~と写真に撮って来たは良いけど
そのまま放置していました。
黄色い花で探しまくり、クサノオウらしいと・・・

b0348195_12304959.jpg


北海道から九州の、日当たりの良い空き地や道端・野原などに生育し
花弁は4枚、可憐な花に見えるけどアルカロイドを含む毒草だそうです。
嘗ては、乾燥させて鎮痛解毒薬として使われたり
葉や茎を傷つけると出る黄色の汁を、
虫刺されやイボ・腫物に塗る民間薬として利用したようですが・・・

和名は、皮膚病の一種である瘡の優れた治療薬であったことから「瘡の王」とか
黄色の汁が出る事から「草の黄」とか、諸説あるようです。

b0348195_12310496.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2016-08-23 11:32 | | Comments(2)