カテゴリ:日々のできごと( 165 )

続・初夏のキャンパスツアー

記事が前後してしまいましたが続きです。
メインストリートから少し奥まった所にあるため、立ち寄ったのは初めての農学部です。1876年に出来た北大の前身である札幌農学校を源流とする、北大の顔ともなっている歴史の長い学部とマップの説明です。見ている内に思い出しました。その昔、多分中学生の頃ですが、この近くに住んでいた同級生の家に行った時に北大に遊びに行きました。で、校舎の中に入って見たのがこの農学部だったような・・・
正面に時計があって、玄関を入ったら直ぐ前に階段があったと記憶しています。中学生の事、叱られるんじゃないかとそそくさと出て来ました。今回は建物の中には入りませんでしたが、いつか玄関から入って確かめて見たいと思っています。北大に行くたび、遠い記憶に何処だったのかなぁと思っていました。



b0348195_1951582.jpg



理学部ローンと云われる所を通って総合博物館に向かう途中です。

b0348195_1951583.jpg


b0348195_1951597.jpgこの辺りは、北大名物のジンパ(ジンギスカンパーティ)をやっていた所だそうですが、昨年4月に禁止されました。その後ジンパ復活を願い、1年を掛けて大学側と話し合い、今年構内2ヶ所の芝生エリアに限って再開されました。ちょうど学生さんたちがジンギスカンをやっていて、美味しそうな匂いが漂って来ました。
この辺りの芝生はほとんどが芝生養生中になっていました。


博物館の脇を通って、ポプラ並木に向かいましたが入り口から眺めただけ・・・北大を象徴するスポットで、ポプラ並木は約100年前に林学科の学生によって植えられました。2004年の台風で大きな被害を受けましたが、それ以後に植えられたポプラも大きく育って来ています。
ポプラ並木のお隣が花木園で、入り口近くに枝垂れ桂の木があります。秋にしか訪れた事がないので、黄葉したものか、その年によっては既に落葉した木しか見てなかったので、急ぎで写真のみ撮って来ました。



b0348195_1951644.jpg



この後大野池に寄って(写真は撮りそびれてしまった)、本来なら北13条門で解散だそうですが、途中工事中の箇所があるという事で、イチョウ並木とメインストリートが交わる所で解散になりました。カンカン照りの中、緑のイチョウ並木の木陰が涼しげに見えます。ほとんどが中に入らない駆け足見学でしたが、ま、それなりに楽しかったです。



b0348195_1951674.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2014-07-27 18:14 | 日々のできごと | Comments(2)

今年は窓からの花火見物で

b0348195_1951559.jpgb0348195_1951522.jpg昨日の夕方、歯科に行くので歩いていたら、何となく街中が白っぽい靄がかかったような・・・帰宅後テレビをつけると、これは視界が10㌔未満となる煙霧と云う状態なんだそうで、ロシアの森林火災が原因か?と。更にそれに伴いPM2.5の濃度が急上昇、札幌市内では1日平均の8倍に上がり、注意喚起の情報が出ました。
この日は市内を流れる川での花火大会があるけれども、テレビでは呼吸器や循環器の疾患を持っている人は花火見物も控えた方が良いと云っていた。


しばらくして姪から電話があって、おばちゃん窓開けている?って云うので、あ、開けているわと返事をすると、駄目でしょう!PM2.5の濃度がもの凄く高くなっているんだよって。そっか~うっかりしていた。そう云えば空気清浄機が回りっぱなしだわ・・・この空気清浄機は古い型のもんだから、多分PM2.5には効果がないと思えるけど、一生懸命働いてくれていた。




そんな事で、今年の花火大会は自宅の窓からの見物で、打ち上がった花火の前は電線だらけの写真です。雨が降るとPM2.5の濃度も薄らぐようで、雨降りの今日は少し窓を開けています。


[PR]

by y-azusaya | 2014-07-26 16:40 | 日々のできごと | Comments(0)

初夏のキャンパスツアー

もう既に2週間も経ってしまいましたが、6月最後の日曜日に北大のキャンパスツワーに行って来ました。北大キャンパスビジットプロジェクトと云う、北大を訪れた人達に北大の魅力を伝える活動をしている組織の学生さんのツアーガイドで、キャンパスの南側を主に北大の名所を見学しました。1年に1回は訪れている北大ですが、学生さんの話を聞きながらの一巡りは楽しいものでした。

キャンパス内から見た南門ですが、嘗ては正門にあった門を移築したそうです。正面に見えるのは北海道庁赤れんが庁舎です。


b0348195_1951490.jpg



北大の有名な観光スポット(頂いたマップに書かれていました)中央ローンです。緑に包まれた憩いの場所で、ちょうど芝生に座ってサークルの勉強会が行われていました。サクシュコトニ川の川沿いに散策路が設けられていて、大野池まで歩いて行けるそうです。



b0348195_1951453.jpg



古川講堂は。1909年に建設されたアメリカン・ヴィクトリアン様式の建物で、現在は文学部の歴史を専攻している方が使っているそうです。古川財閥の資金で建てられたので古川講堂と呼ばれています。



b0348195_1951555.jpg



知らなかったのですが、北大には数体のクラーク像があるんだそうです。中でもこれが最も有名なクラーク像ですが、二代目です。大正15年に除幕された初代のクラーク像は、太平洋戦争中に金属回収令により献納されました。



b0348195_1951510.jpg




いま、キッチンの床のリホーム中。先週いっぱい掛かって戸棚の中の細々した物を移動。出来上がったらまた元の状態に戻さないとならず、それを考えるとちょっとゾッとしますが、やらねばならない。
このツアーは次回に続きます。





[PR]

by y-azusaya | 2014-07-15 17:03 | 日々のできごと | Comments(2)

今年の小雪像は、ゆるキャラ

雪まつりが閉幕して1週間が過ぎ、巷ではSOCHIオリンピック一色です。
今更ですが撮って来た小雪像の一部を・・・
今年はことのほかゆるキャラと云われる雪像が目に付きましたが、その中でも断トツに多かったのが「ふなっしー」でした。この他にもあと1体ありました。この体形は雪で作り易いのでしょうね。



b0348195_19579.jpg



b0348195_195756.jpg




札幌テレビ塔のゆるキャラ「テレビ父さん」と熊本の「くまもん」です。


b0348195_195715.jpg




オリンピックでは惜しい結果でしたが、高梨沙羅さんの雪像もありました。


b0348195_195714.jpg




ソチ五輪応援団! 
  次  金メダル狙い撃ち!!
不  K点超えるわ ♡
             五  打倒マー君・・・ソッチじゃなかった・・・
ピカピカ☆ナイト

     

b0348195_195830.jpg




 
世界へ羽ばたけ!マー君!!
私達は道民の星である
田中投手を応援します。
さあ「どさんこ」よ!
マー君の後に続け!!
たっきー応援団


b0348195_195871.jpg




冬のおもてなし
6年後なんてあっと言う間!
次は冬の札幌かしら?
皆さんご一緒にお・も・て・な・し!

きたきつね


b0348195_195840.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2014-02-19 15:35 | 日々のできごと | Comments(2)

今年はウインタースポーツ

第65回札幌雪祭りは、大通・つどーむ両会場合わせて過去3番目の観客動員数で11日に終了しました。アジア方面からの観光客がいつもの年よりも多かったそうで、見ている周りでも違う言語が聞こえていました。今年はずっと氷点下の気温が続き、雪像には良かったお天気だったかもと。私は開催2日目に行って来ましたが、ブログUP は遅れに遅れました。日中の気温が-7℃、ただ写真を撮るだけに歩き回りましたが、本当に寒かったです。



b0348195_195620.jpg

今年はソチ冬季オリンピック開催中と云う事もあって、「ウインタースポーツ天国、北海道!」と云うタイトルの大雪像です。さまざまなウインタースポーツ選手の姿を雪で表現していますが、写真では分かりにくいですね。フィギュアスケート・スピードスケート・アルペンスキー・ノルディックスキーのジャンプ・アイスホッケーの5競技の選手たちです。



b0348195_195710.jpg


感心したのはフィギュアとホッケーの選手の顔です。ちゃんと瞳が黒く出来ています。これも全部雪で作られており、一段削ってからもう一段掘って深みを出し、黒く見えるように工夫をしてあるそうです。



b0348195_195716.jpg

b0348195_195788.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2014-02-12 15:05 | 日々のできごと | Comments(4)

金継を教わりました。

11月最後の土曜日は、本来ならお稽古はお休みなのですが、割れた瀬戸物を修復する金継と云う技法を教わるべく集まりました。お気に入りだった器を割ってしまったのを捨てるに偲びず、取ってあったものやいずれ金継をするのでと保存してあった欠けた器など等を持参、割れた茶碗は捨ててしまって無いと云う方にも提供してやってもらう事にしました。

b0348195_1854930.jpg



先ずは小麦粉に水を差して耳たぶくらいの弾力に練り上げます。



b0348195_1854944.jpg


小麦粉が練り上がったら生漆を混ぜ、
定盤が持ち上がる位まで良く練り合わせ糊漆を作ります。
普段のお稽古では日本産の漆はなかなか使えませんが、
金継には日本産の漆の方が良いそうです。


                                                                           

b0348195_1854927.jpg


出来上がった糊漆を、割れた器の断面の両方にそれぞれ付け接着します。
瞬間接着剤とは違い直ぐには接着しないので、
複数割れた所を繋ぎ合せるのは至難の業でした。



b0348195_1854929.jpg


繋ぎ合せたらずれない様に注意しながらセロテープで固定し、
このまま漆ブロに入れて乾くまで待ちます。
1週間経ちましたが、もう1週間置いた方が良いと云うので、
次の作業は又の機会に・・・




[PR]

by y-azusaya | 2013-12-08 12:35 | 日々のできごと | Comments(2)

本格焼酎と美食の会

さるホテルで開催された「本格焼酎と美食の夕べ」に、姪のお誘いで行って来ました。こんなお酒の会はワインの会以来ですが、さすが焼酎の会だけあって圧倒的に男性の多い会でした。私たちのテーブルは10人、一組のご夫婦と私たち女性3人の他は全部男性群。席について見まわすと、既にビールなぞ飲んでいるテーブルも・・・会場の両側の壁際には、焼酎の瓶42本がズラ~っと並んでいます。様子が分からないので、以前にも来たことのあるらしいお隣のご夫婦に聞いて見ると、焼酎は自分で好きな物を貰って来るのだそうです。いざ、出品銘柄リストを持って先ずは芋焼酎へ・・・ほとんどが見た事も聞いたこともない銘柄が並んでいます。



b0348195_1854883.jpg
ひと際目を引くブルーの瓶「海からの贈り物2010」
「紅はるか」由来の比較的綺麗な香りと美山錦の旨味でスッキリしたキレの良い焼酎とのコメントで、どうしようかな~とウロウロしていたら、とても飲みやすいと云う係りの方の声でこれに決定。半分は瓶の色で決めてしまったかも・・・穏やかな好い香りでした。
次は米焼酎に行きました。米は3種類ほどしか出てなくて、島根の「どじょうすくい」という銘柄。お酒はほとんど飲まないと云う係りの方が、グラスいっぱいにドバドバと注いでくれた。これを飲んじゃうともう他のは飲めないと、半分を義姉に・・・「どじょうすくい」の画像は撮って来ませんでした。
b0348195_1854947.jpg

またまたリストとにらめっこ。コメントの、無濾過のため白く濁り、芋臭く甘みがあり個性ある商品を目指した、とてもクセのある限定品と云う「鶴見 白濁無濾過」を芋臭さに釣られてだが、確かにしっかりと芋臭かった。もっと白濁しているかと思ったら、グラスを透かして見ても良く分からなかった・・・
写真を撮っている時、紅一刻と云うのも美味しいと云ってくれた方がいましたが、残念ながらもうギブアップでした。いつか機会があったら試して見たいです。


b0348195_1854966.jpg
ここで仕事で遅れて来た姪が到着。
一緒に貰ってきてくれると云うので「薩摩おごじょ」を頼む。これのコメントは古来の木桶蒸留器で蒸留した限定品。角の取れた風味豊かでまろやかな味わいと云う事でしたが、もう何が何だか・・・
自分で選んだ以外のもチビチビと飲んでいたので、普段よりもかなり入っていましたが、最後にやっぱり芋臭さが良いと「鶴見」を貰いに行きました。そこの係りの方がこれは自分が選んだ焼酎で、クセが強いので飲んで貰えるか不安だったと云ってましたが、私はこれが一番気に入ったと云うととても喜んでいました。
この会は、途中にフラダンスショーなんかがあったりして、男性群はとっても喜んでいました。アンコールなんぞが飛び出したのは想定外だったらしく、アンコール曲まではちと時間が掛かりましたが・・・美食の夕べでもありましたが、食べきれないほどのお料理が並びました。偽装しないとならないような食材こそは有りませんでしたが・・・
b0348195_1854990.jpg

最後にお酒が当たるゲームがありました。本来は各テーブルでジャンケンをして代表を出すのですが、我がテーブルは一番若い姪に代表を譲ってくれました。くじを引き当てたのが「さつま白波」、これも皆さんのどうぞどうぞで頂いて来ちゃいました。
今回の会費は姪の奢りって云う事で、ワインの会とはひと味違った楽しいひと時でした。


[PR]

by y-azusaya | 2013-11-15 12:27 | 日々のできごと | Comments(2)

オータムフェスト

b0348195_1854654.jpg9月最後の日曜日、初めてオータムフェストなるものに行って来ました。この催しは2008年から大通公園で開催されていましたが、今年は9月13日からの会期中165万人を超える来場者があったようで、好天に恵まれた最終日はとっても混んでいました。何かを買おうと思っても先ずは並ばなくてはなりません。それに座る場所も空席はなし、立食用のテーブルも空きはなし・・・お昼ご飯を済ませて行った私はいいのですが、同行者2人はお腹が空いたと、大通公園傍のホテルに入りました。既にもう3時、ホテルのランチタイムも終了時間で、結局はティールームでの軽食になってしまいました。


b0348195_1854644.jpg再び会場に戻り、農産物販売のブースでレッドムーンと云うジャガイモと食用菊を買ったのみで、お初のオータムフェストは終わりました。大通公園の催しでは冬のミュンヘンクリスマス市にも行きますが、寒さで長居をする人はいないので席を探すって事がなかった・・・この話をすると、お目当ての食べ物は何?って聞かれるけど、それもなかったのだけど。。。

b0348195_1854668.jpg


帰り際にあ、そうそうと撮った写真なので混雑ぶりが分かりませんね。


[PR]

by y-azusaya | 2013-10-04 11:20 | 日々のできごと | Comments(2)

続・バスツアー人気の道の駅巡り

日が開いてしまいましたが続きです。
真狩フラワーセンターで、添乗員にニセコの道の駅には何時の予定かと聞くと、次ですと云う。次ですと云われてもなぁ・・・ニセコには友達が住んでいます。事前に連絡したくてもはっきりした時間が分からないと、、、で、ニセコビュープラザに到着。取りあえず電話、30分しかいられないけどここから近い?って聞くと、10分位で行けると云うので待つことに。



b0348195_1854548.jpg



待つ間に撮った多分ニセコアンヌプリ(?)。ひたすら待つ・・・10分って云っていたのに遅いねぇ・・・と云いながら待つ。やっと彼女は、手作りのお味噌を手にやって来ました。急な連絡だったもので、用意するのに時間をとられたとのことでしたが、待つ甲斐のあったうれしいお土産でした。

b0348195_1854599.jpg



そんな事で、ニセコビュープラザの中には入らず仕舞い。ここはすっかり観光化されてしまって、品物も他よりも少しお高いとはニセコ住まいの友の話でした。




b0348195_1854526.jpg


b0348195_1854554.jpg


お次は「名水の郷きょうごく」です。ここは、羊蹄山からの湧き出した湧水を汲みあげに来る人が引きも切らず、昔は流れに手を伸ばして汲んでいましたが、今は木の樋が出来ていてとても汲みやすくなっていました。この水でお茶やコーヒーを入れると美味しいです。皆さんペットボトル等に汲んでいましたが水は重いのでパス。コップが備わっていたので、ひと口飲んで終わりにしました。食事なしのツアーですので、ここのレストランで昼食を摂りました。で、道の駅の写真は撮り忘れです。


b0348195_1854538.jpg次に向かったのは伊達大滝の「フォーレスト276大滝」です。が、撮って来た写真はお隣のきのこ王国の建物でした。事前リサーチが皆無なので、ここにある自動演奏ピアノが流れる一億円豪華トイレも行かず仕舞い。撮って来たトイレの建物は違ったものらしい。。。大滝はきのこが名産なのですが、目ぼしい天然物はなく、目についた白タマネギを買ってきました。



b0348195_1854559.jpg大滝から支笏湖を眺めながら向かったのは恵庭の道の駅「花ロードえにわ」ですが、既に5時を過ぎていたので、直売所は閉店した後でした。ここのカボチャプリンパンが美味しいと評判だと添乗員が云うので、それとベーグルを1個づつ買って道の駅巡りは終了。帰宅は7時を過ぎておりました。冷蔵庫には作り置きの食べ物はなし、作るのも面倒で夕食は買って来たパン2個で済ませてしまいました。b0348195_185463.jpg


プリンパンと云うもの初めて食べました。真ん中にプリンがド~ンとあるものだと想像してましたが、プリンを焼いてしまうとこんなになっちゃうんですね









b0348195_1854620.jpg
購入して来た野菜です。
ほとんどがルスツの道の駅で買って来た物、ボルチーニ茸・スナックエンドウ・紅しぐれ大根と、大滝で買った白タマネギです。







何日か経ってから気が付きました。両手に荷物を持っていたために、地下鉄の改札口からウイズユーカードを取り忘れてしまった事を・・・




[PR]

by y-azusaya | 2013-09-23 12:00 | 日々のできごと | Comments(2)

バスツアー人気の道の駅巡り

980円のバスツアーがあるけど行かない?って云う連絡があって、行って来ました。行程は「望羊中山」⇒「230ルスツ」⇒「真狩フラワーセンター」⇒「ニセコビュープラザ」⇒「名水の郷きょうごく」⇒「フォーレスト276大滝」⇒「花ロードえにわ」の道の駅巡りです。駅に集合して、バスに乗る段になって土砂降りの雨が降り先行きが思いやられましたが、以後は晴天とならずもどうにか雨には当たりませんでした。
一つ目の道の駅「望羊中山」から見た羊蹄山は、頂上に雲がかかっていて蝦夷富士と云われる美しい姿を見られませんでした。遠目に見た時には全然気が付きませんでしたが、この鉄塔、アスパラのオブジェだったんです。



b0348195_1854454.jpg

次に向かったのは「230ルスツ」。


b0348195_1854476.jpgこのバスツアーで訪れる道の駅の目玉は直売所の農産物です。バスに乗っている間は良いとしても、帰りの事を考えるとそんなに多くは買えません。なので、野菜は軽いものしか買えないなと思って、スーパーよりも断然安かったスナックエンドウと珍しいボルチーニ茸、重いかもとしばし考えて、これも安かった紅しぐれと云う大根を買ってしまいました。



b0348195_185443.jpg

店内をめぐっていると、ぉお~っと・・・道の駅にも売っていたんだとルスツ名物みそまんじゅうを見っけ!普通の饅頭とはちょっと違う、モチモチした皮に漉し餡の入っているとっても素朴で小ぶりなおまんじゅうで、これも買ってきました。既に画像を撮らない内にお腹の中に入ってしまったので、さるwebサイト上から写真をお借りして来ました。




b0348195_1854516.jpg
お次は「真狩フラワーセンター」ですが、目新しいお花もなく店内をブラブラ・・・農産物はこれ以上買えない。真狩はゆり根の産地で、ミニサイズのゆり根ようかんがあったのでお土産用に購入。各道の駅滞在は30分ほど、時間を持て余し早めにバスに戻ったので窓越しに道の駅を・・・



b0348195_17565833.jpg
真狩はゆり根の生産が日本一だそうです。そのゆり根を使った道の駅限定販売のゆり根ようかん、今年の4月に新発売されたとは帰って来てから分かった事でした。


[PR]

by y-azusaya | 2013-09-15 17:22 | 日々のできごと | Comments(4)