<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

秋明菊(シュウメイギク)

いま庭には秋明菊が花盛りです。キンポウゲ科の植物の一種で、名前に菊と付いているけど菊の仲間ではなくアネモネの仲間です。日本原産の植物と思われがちですが、古く中国から渡来し日本で野生化したものとか・・・今では多くの園芸種があるそうです。花弁のように見えるのは萼(がく)で、中心部の緑色が雌しべ、オレンジ色のが雄しべで、今まで萼を花びらだとばかり思っていましたが、花びらは持っていないのだそうです。秋に菊に似た花を咲かせる所から秋明菊と名付けられ、別名の貴船菊と呼ばれているのは京都の貴船に自生している事からだそうです。



b0348195_1751384.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-09-28 16:36 | | Comments(4)

大雪山系の旭岳にも初冠雪があり、紅葉も5合目まで降りて来ているとの事、テレビで映し出された白い雪と紅葉のコントラストが美しい・・・札幌は平年よりも気温が高めに推移して、秋晴れの暖かい日が続いています。豊平公園の野草園にある秋の七草の一つである萩も花盛り。「やまと花萬葉」と云う本でも「万葉集」に萩が登場する歌は万葉植物の中でも最も多く、万葉びとは多種多様な萩の姿をとらえて歌を詠み、その数は141首もあると書かれています。この時代の萩はいずれも山萩であって、現在公園や庭などで多く栽培されているのは宮城野萩だそうで、初夏から初秋にかけて花が年に二回咲く事もある事から、夏萩とか二度萩とか呼ばれているそうです。この公園の萩は今頃一度しか咲かないので、山萩なんでしょうか・・・?



b0348195_1751260.jpg


b0348195_1751332.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-09-24 11:39 | | Comments(3)

キレンゲショウマ

花のグンと少なくなった野草園でひと際目立つ花がキレンゲショウマです。本州・四国・九州の山地に生える日本固有の高山植物で、環境省レッドデータブックでは絶滅の危機が増大している種となっているそう。宮尾登美子の小説『天涯の花』(まだ読んではいない)として広く知られるようになったとか・・・簡単には出合えないらしいので、こうして身近に見られる事は幸せか・・・そう云えば角館の武家屋敷青柳家の庭園にもあったような・・・鐘形の花はちょっと開いたところで開花のようで、これ以上は開きません。



b0348195_1751264.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-09-19 15:56 | | Comments(2)

梅モドキ

角館の武家屋敷通りを歩いていて、石黒家の黒板塀の向こうから出ていた小さな赤い実に目が止まりました。何の実・・・?と、石黒家の受付の方に聞いて見ると梅モドキだとの事。ツルウメモドキは知っているけど梅モドキは知らなかった。葉や枝ぶり、実の付き方が梅に似ている所からそう呼ばれているようで、晩秋から初冬に赤い実を付ける。9月の今は色づき始めたところか・・・この実は発芽抑制物質を含んでいるそうで、小鳥のお腹を通過しないと発芽しない仕組みとか、小鳥を使って種を遠くに運んで貰っているのだそうで・・・



b0348195_1751213.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-09-14 22:55 | | Comments(4)

百日紅(さるすべり)

秋田を旅行していてアチコチで目に付いた花が百日紅(さるすべり)でした。中国原産で、江戸時代に渡来した南方系の植物だそうで、だから北海道では見かける事がないだ・・・漢字名の百日紅は約100日間ピンクの花を咲かせるのが由来とか・・・また猿滑とも書くそうで、それは幹がすべすべで猿も登れない所からだそうです。花の色も薄いピンク、濃いピンク、白色などがあるようで、夏の花の少なくなる時期に百日紅の街路樹は目立っていました。



b0348195_1751133.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2006-09-13 11:06 | | Comments(3)

風船葛

風船蔓が好きで毎年春に種から芽出しをして鉢に植えている。水に浸けた方が発芽が良いのでそうしているが、今年は、芽が出たものを小さな鉢に移植したまま家の中に置いていたので、、色の薄いヒョロヒョロに伸びたものを大鉢に植え替える事になってしまった。今年のような雨の少ない天気に水遣りを忘れたりで、1・2本は枯れてしまったが夏も後半になってドンドン伸びだした。関東や東海では野生化しているというので、種がこぼれて翌年にまた生えて来るとはなんて楽な事・・・北海道ではきっと無理だろうなぁ~・・・小さな白い花からは風船のような実が、蔓性でドンドン巻きついていく所から葛の名が付き風船葛と。北アメリカ原産だけど和風の花のようでもあり・・・花言葉は「あなたと飛び立ちたい」「多忙」など。



b0348195_1751093.jpg



これは木から手刳って作った風船葛の香合です。風船葛に見えるでしょうか・・・


b0348195_1751180.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2006-09-07 23:00 | | Comments(2)

初雪草

夏の花がグンと少なくなった我が家の庭に咲いているのは初雪草。夏の終わりから初秋にかけて辺り一帯が雪が被ったようです。北アメリカ原産のポインセチアや花キリンと同じ仲間で、とっても小さな目立たない花が付いています。花を見るよりも葉を観賞する植物なようで・・・薄っすらと雪化粧をしたように見える所から初雪草と名付けられたとの事。花言葉は好奇心・祝福など。



b0348195_1751052.jpg



b0348195_1751072.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2006-09-03 18:29 | | Comments(4)