カレーうどん「鬼はそと」

b0348195_1751884.jpg



b0348195_1751830.jpg

ポカポカ陽気の日曜日、姉の所の姪がやっているシュガークラフトの展示会を見に行って来ました。街中はすっかり紅葉が進み、何処もかしこも黄色ぽい。お昼時になって、お腹も空いたことだしと、藻岩山山麓通りにあるカレーうどんの専門店「鬼はそと」に入りました。実はウチの姪が蕎麦屋と間違って連れて行ってくれたんです。ここは普通のうどんは京風うどんって云うのがあるくらいで、全部カレーうどん。。。それも普通のカレーうどんのスープともちょっと違う、拘りのスープのカレーうどんやさんです。わたしと姪が頼んだのは「鬼はそと3種」、3種類のお味が一度に楽しめます。写真の左から、牛ほほスープの牛ほほ肉入り(辛口)・知床鶏スープの手羽入り(甘口)・黒豚スープの角煮入り(中辛)。いつもは麺類の汁は飲まないことにしているのに、ここのスープは癖になりそうな。。。麺もこしがあって美味しいうどんでしたが、一本がすごく長い・・・長いうどんをすすると洋服に飛び散ってしまいますが、ここではちゃんと紙のエプロンを用意してあります。紅葉の札幌市内を眺めながらゆったりしたひと時・・・と思っていたけど、席が空くのを待っている人がいたので早々に退散。夜はまったく違うメニュー、牛しゃぶしゃぶとすき焼きの「福はうち」と店名も変わったお店になるようで、夜景を見ながらの夜のお食事も好いかもと。。。


[PR]

by y-azusaya | 2007-10-29 00:07 | Comments(14)

1リットルプリン

b0348195_1751715.jpg



b0348195_1751785.jpg

先日、札幌在住のネ友さんとプチオフ会なるものをやりました。所は韓国家庭料理の「マビの台所」。講師でいらしている韓国語の先生に、マビってどう云う意味?って伺ったところ、そんな韓国の言葉はないって。。。お店に行って聞いて見たら、オーナーの奥さんの名前なんだそう。で、ネ友さんが仕事でちょっと遅れるって事で、お腹が空いて来た我々はひと足お先に注文して頂いていました。お酒は韓国焼酎、チャミスルは甘いと云うのでJINRO。。。スッキリした味わいのお酒でした。それとミニトマトのキムチ、豚と青ネギのチジミ。。。そうこうしているうちに、遅れたお詫びにと手にケーキのような箱を2つも持って現れたネ友さん。受け取ったらズシッと重い・・・ん?。。。ネ友さんのサイトで話題になっていた「あとりえYOU」のお鍋入り1リットルプリンだった!15cmくらいのお鍋にビッチリ入っているプリンは、懐かしい素朴なお味で、これならたんと食べられるヮ。。。と姪と二人で半分はいっきに行きました。食べながらちょっと頭に過ぎったのが、コレステロールが・・・でも、いい!美味しいから。このお鍋は返さなくても良いとの事で、ひとり用には重宝しそうな。。。


持ち方が悪くてカラメルソースが上に浮かんで来ちゃいました。本当は上には乗っかっていない物だと・・・




[PR]

by y-azusaya | 2007-10-28 18:15 | | Comments(10)

大文字草・雪娘

b0348195_1751780.jpg



b0348195_1751753.jpg

昨日、緑のセンターに寄って見たら、大文字草の鉢植えが販売されていた。ほんのり白に近い薄ピンクの色と、雪娘と云う名前に惹かれて今年も連れ帰って来ました。昨年の大文字草は、花が終わったあと土に下ろして、枯葉を乗せて置きました。出てきた株は小さくて、肥料をやるべきかどうかと迷っていたけど、小さいながら花が咲いてくれました。緑のセンターの方に伺うと、地植えした場合は肥料はやる必要がないとの事で、ずぼらなわたしにピッタリ。。。大文字草は日本から中国にかけて分布、日本各地の山にも自生している山野草です。標高の低い場所では渓谷の岩場などに自生していて、気温があまり高くなく冷涼な気候が好いようです。土地が肥えていると、だんだん株が小さくなって最後には消えてしまうとか・・・地植えにすると、鉢から下ろした時よりもひと回り小さくなるのだそうで、これ以上小さくなるようならその場所が合わないので、場所を移動した方が良いとの事。直射日光が当たらない風通しの良い場所、どこかあるかしら。。。


[PR]

by y-azusaya | 2007-10-26 00:04 | | Comments(6)

桂の木

b0348195_1751614.jpg



10月下旬にしては、ポカポカと暖かい好いお天気だったので、仕事帰りに公園まで散歩。先日、新着ブログをたどって行って見たら、枝垂れ桂の木をクリニックのシンボルマークにしたとの記事が。。。枝垂れ桂なんて珍しい・・・木にはあまり詳しくはないけど、枝垂れ桂なんて聞いた事がないヮと、コメントを入れた。先代の院長であるお父さんが盛岡の出身で、以前の医院に植えてあったのが枝垂れ桂だったとのこと。。。枝垂れ桂は一種の変態木だそうで、柳のように枝が下向きに垂れ下がっていて、盛岡市のシンボルの木になっているそうです。で、思い出して公園の桂の木を撮って来ました。これは普通の桂の木、すっかり黄色に色づいていました。何時見てもハート形の葉が可愛いです。


[PR]

by y-azusaya | 2007-10-25 00:23 | 樹木 | Comments(7)

b0348195_1751691.jpg



通勤途中にあるお宅の塀一面にツタが這っている。いつも何気に見ながら通り過ぎていたが、ある時実が生っているのを発見!毎年今頃は実が生っていたのだろうけど、よく見ていなかったのだヮ。。。実が生るってことは花も咲いたってこと、花も気が付かなかった。ネットで調べた所、夏に緑色の小さく地味な花が咲くとのこと、葉に隠れて見えなかったのかも・・・北海道から南西諸島に分布、冬は落葉するのでナツヅタとも呼ばれています。ブドウの実に似た小さな実は渋くて食べられないとのこと。。。小さな葉の方から紅葉が始まっていますが、ツタモミジとも云われるように、これからこの塀も赤く染まるのではと。。。


[PR]

by y-azusaya | 2007-10-22 21:43 | | Comments(6)

ドラゴンフルーツ

b0348195_175163.jpg



b0348195_1751630.jpg
昨日で一週間続いた「鉢」展が終了しました。場所柄か、入場者がイマイチでしたが、NHKの地元番組に取り上げられたので、最終日は3時終了にもかかわらず、今までで一番多くの方が訪れてくれました。放映が国会中継のために3度も延期になって、最終日前日の放映でした。もっと早くに放映されていたなら、入場者ももっと増えたかも知れないと。。。テレビの威力は凄いですね。



そのNHK放送局に向かう地下街に沖縄製品のお店があります。通りかかりに目に付いたのがドラゴンフルーツ。以前によそ様のブログで見たので、果肉が赤いと云うと、違う白いのだと云われた事がありました。それで確かめて見たくて、少々お高いけど買って来ました。割ってみるとやっぱり赤かった・・・一緒に入っていたパンフレットを読むと、果肉は赤いのと白いのがあるそうで、これで納得。。。ドラゴンフルーツは中南米のサボテン科の植物で、果肉が赤いレッドピタヤと白いホワイトピタヤがあり、レッドピタヤの方が甘みが強く、水分も多く含まれているそうです。ビタミン、食物繊維、ミネラル等を多く含んでいる低カロリー植物だそうで、サッパリした味とほのかな甘みで、キーウイフルーツのような食感です。



b0348195_1751683.jpg


今まで、いろんなギャラリーをお借りして来ましたが、初めて粗品を頂きました。高級あぶらとり紙・傷バン・ななみちゃんご当地バージョンシール付きのメモ用紙・シャープペンシルなど等。出品者全員分を頂きました。ギャラリー代もお安いのにお土産まで頂いて・・・


[PR]

by y-azusaya | 2007-10-19 16:31 | 果実 | Comments(12)

シモバシラ

b0348195_1751469.jpg



ヒンヤリとする空気のなか、太陽の恵みを受けながら陽だまりを選んで歩くようになって来ました。すっかり花の無くなった野草園に、ひっそりと咲いていたのがこのシモバシラ。今までこんな花があったのかしらと思ってしまったけど、そう云えばこの時期にはもう野草園には足を踏み入れてなかったような。。。片側だけにシソの花に似た白い花を咲かせるシモバシラは、しそ科の宿根草、別名で雪寄草(ゆきよせそう)とも云われ、花よりも根元に出来る氷の結晶の方が有名のようで。。。シモバシラの根は寒さに強く、地上が凍結しても活動しているそうで、根から押し上げられた水分が茎から溢れて凍り、霜柱のように見えることからこの名前が付いたようです。冬になると、枯れた茎の根元に様々な氷の造形を作り出すそうですが、冬は雪に埋まってしまうこちらでは、それを見ることが出来ないような気も・・・雪が積もる前に、もう一度行って確認して見なくてはと思っています。


[PR]

by y-azusaya | 2007-10-17 18:37 | | Comments(10)

鎌倉彫『鉢』展

b0348195_1751358.jpg



b0348195_1751316.jpg

昨日から始まったNHKギャラリーの『鉢』展、今日会場当番で行って見たらヤドリギの配置が換わっていました。花やの社長さんが確認にいらして、横に寝かせて行ったようです。ちょっと違った雰囲気になりました。今朝は11月下旬並みの寒気が入ったようで、晴れているけど風が冷たく寒い一日でした。建物の中だからと気軽に考えていたのが失敗。。。今日は土曜日、学校が休みの子供たちが、サタデーテーリングと云って地下鉄b0348195_1751313.jpg に乗ってスタンプを集めて歩く日、NHK 放送局にもやってきました。玄関の出入りのたびに冷たい風が入ってきます。今日は日ハム対ロッテのクライマックスシリーズの第1戦・・・だからか、それとも会場の位置のせいかお客さんの入りが悪いです。ついででも見てくれる小学生は大事なお客さんでした。



夕食は今日の当番の方々と洋食レストランで赤魚のポワレ。。。食べながら、彫る意欲がなくなって来ている事への思い・・・展示会とか塗りの教材に、自転車操業のような最近の彫り方に、どうしたもんかねぇ~と。。。時間がなくて出来ない・・・時間があっても出来ない、人それぞれ。。。
再来年の教室展の作品作りに早や取り掛からないと・・・頭の痛い事である。



b0348195_1751310.jpg


b0348195_1751373.jpg




こちらがわたしの作品です。文様は縷紅草で、塗りは洗朱という色です。

この展示会は札幌NHKギャラリーで10月12日~18日まで開催されています。


[PR]

by y-azusaya | 2007-10-13 22:43 | 展示会 | Comments(10)

ヤドリギ

b0348195_1751275.jpg



b0348195_1751246.jpg

昨日はNHKギャラリーでの「鉢」展の搬入でした。小さなギャラリーで、47点もの鉢を並べるにはちょっと窮屈な感じで・・・毎回お花に拘る先生の意向で、今回はヤドリギが会場に飾られました。花やさんにヤドリギって注文を出したところ、う~んとの声だったとか。それでも山から調達してくれたようです。名前は聞いた事があったけど、初めて見るって人がほとんど、わたしもそうでした。


ヤドリギは日本から朝鮮・中国に分布する寄生性の常緑樹で、ブナやミズナラなどの落葉高木に寄生します。果実は粘液質に富み、鳥によって運ばれるので高い所でも勢力を伸ばすことが出来るのだそうです。宿主の幹に、楔型に根を食い込ませて栄養や水分を横取りする、寄生された樹木にとってはとんでもない木です。が、大地に根を持たずに生き、冬になっても枯れず、薬草としても役立つ事から不思議な力を持つと云われているようです。



b0348195_1751260.jpg


冬のヤドリギの様子はこちらでご覧になれます。山に行けば、枯れ木に付いているヤドリギが目立ってひと目で分かるんでしょうが。。。



http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/loranthaceae/yadorigi/yadorigi.htm




[PR]

by y-azusaya | 2007-10-12 17:11 | | Comments(8)

マユミ

b0348195_1751118.jpg



b0348195_1751135.jpg

9月中旬から色づいていたマユミの実がはじけて、中から赤い種が顔を出しています。マユミは漢字では真弓とも檀とも書き、樹質は硬いけど柔軟性があるため、弓の材料に用いられていたそうです。果実は昼間開き、夜には閉じると何処かに書いてあったので、夕方薄暗くなってから庭に下りて見てきました。まだ開いているのや閉じているのがあって、それでも閉じている方が多いので、やはり夜は閉じてしまうのかなと。。。


つり花と云うよく似た花があって、一瞬我が家のはどっち?と。。。つり花は実際には見た事がなかったので、ちょっと迷ってしまいました。今年は実もたくさん付きましたが、暑かったせいかカメムシもたくさん付いていました。そろそろ葉も紅葉し始めて来ています。そう云えば、寝室にカメムシが一匹入っていたんだヮ。今夜はカメムシと一緒に休みましょうか。。。




[PR]

by y-azusaya | 2007-10-08 00:23 | 木の実 | Comments(12)