<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春一番の花・・・

b0348195_052956.jpg
今年は駆け足で雪解けが進み、気が付いたら福寿草が花開いていました。日陰にはまだ雪が残っていますが、この調子ではどんどん消えて行きそうです。この時期は街中が埃っぽくなりますが、今日の雨で少しは解消されるでしょうか。。。
何時もは雪の谷間から顔を出すフキノトウの回りもすっかり土が出てました。ウチのは京ブキのフキノトウなので、少々小ぶりですがこれこそ春一番の香りです ね。 摘んでフキ味噌にしたい所で
すが、何やら身辺が忙しく、昨日摘んだものは茹でてそのまま置いていたので、真っ黒になってしまいました。フキノトウは時期が勝負、こんな調子では作れるのかどうか・・・温かい炊き立てのご飯にフキ味噌、美味しいんですけどね。。。b0348195_053013.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2008-03-27 22:24 | | Comments(8)

蒔絵の体験

b0348195_0529100.jpg

b0348195_052916.jpg
5日間東京滞在の旅の初日は、羽田からの電車を間違えた為鎌倉に直行する事になりました。立ち寄った鎌倉彫会館で同行者が頂いて来たのが、明治神宮文化館で開催している「漆の美展」の案内葉書。あとから上京した仲間と4人で行って来ました。展示会場に入る前に蒔絵を体験出来るコーナーがあって、そこで皆の足が止まりました。早い人で30分くらいで出来ると云うので、日頃漆を扱っていても蒔絵は未知の分野。説明では紙に見本の文様を写し取り、裏にチヤコを塗ってからセロテープで器に貼り、竹串(?)で図をなぞると器に白い線が付くのでその上を蒔絵筆に漆を含ませて描いて行きます。描きあがったら金粉を蒔き、そこで終了。直ぐに持って帰れると云うので、私は大ぶりのお椀に千鳥を。。。それも、目の前のあった使用済みの千鳥の図案を再利用させてもらい、手前に3羽、向こう側に1羽の千鳥を飛ばしました。蒔絵筆は毛先が長く、粘度のある漆を引くのはなかなか難しいのですが、体験用との事で毛先も少し短めにしているとの事でした。同行者がお椀を4点も描くと云うので、それではと思い立ち、追加でお皿を2枚好きな椿の図柄で描く事にしました。翌日にお会いするプチオフ会のお二人にと思って。。。ホンとに楽しいひと時で、蒔絵を体験してみたいと思われる方、4月20日までやっているようですよ。ここで指導してくれた方、なんと北海道出身で札幌の教育大学を出られた方でした。


[PR]

by y-azusaya | 2008-03-18 23:53 | 日々のできごと | Comments(6)

名残りの雪だるま

b0348195_052821.jpg


いま気が付いた・・・絵文字が入れられるようになっていた。。。暖かい日が続いている。先週の土曜日、豊平公園の一角に誰が作ったのか雪だるまが・・・真冬の雪は、スノーパウダーと云われるようにサラサラしていて、雪だるまを作るには固まり難いけど、気温が上がって湿気を帯びると雪だるまも転がすだけで出来る。これはちょっとユニークな雪だるまだヮ。

b0348195_052889.jpg

今どきの雪は暖気で緩んでいる。人が踏みしめて歩いた後だけが固まっているので、その細い一本道をよろけながら歩いていて足を踏み外してしまった。片足だけがズッポリと埋まってしまい尻餅を・・・そんな靴跡の穴がアチコチに開いている。







b0348195_052938.jpg



春を待つ豊平公園のシラカバ林、今年はシラカバの花粉量が昨年の3倍だと姪が耳鼻科で聞いて来た。この帰り、鼻がムズムズ・・・シラカバより前に飛び散るハンノキの花粉が最早飛んでいるのかも知れない。シラカバは白い幹に緑の葉がきれいで好きなんだけど、花粉の飛び散る季節だけはご免だヮ。。。


[PR]

by y-azusaya | 2008-03-10 18:05 | 樹木 | Comments(2)

冬の貴婦人

b0348195_052766.jpg



昨日、ふと思い出して豊平公園緑のセンターをネットで検索、やっぱり~!クリスマスローズ展をすっかり忘れていた。。。クリスマスローズの人気はいまだに衰えず、開始日直ぐに行かないと良い花がほとんど無くなってしまうんだヮ。明日終了と云う前日の土曜日、仕事帰りに行って来ました。案の定、どれも似たような花ばかりで目新しいものはなかった。 別室で、水盤にクリスマスローズの花(実際はがく片)を浮かべて展示してあったので、あぁ、こう云う飾り方も出来るんだと・・・b0348195_052747.jpg

静内の花工房夢織の方がいらしたので、いろいろ伺ってきました。普通花と思っているところは萼片であって、実際の花は中心の細い蕊見たいな部分だそうです。萼片なので花が散った後も残っていて、水盤にも浮かべていられるとか・・・で、白い色やピンク色のものも、ほとんどの色が最後には緑色に変わってしまうんだそう。最初から緑色のものは無いのかと伺ったら、原種のものではあるかも知れないとの事。このブログの一番最初に取り上げた花が緑色のクリスマスローズで、珍しいと思っていた。いま振り返って見たら、花と云われる部分が散れて無かった・・・何色かが変化しての緑色だったんだヮ。。。ひとつお利口になった。


[PR]

by y-azusaya | 2008-03-08 23:41 | | Comments(2)

ベンジャミンの実

b0348195_052699.jpg



先日、緑のセンターの温室に行ったときに目に入ったのがベンジャミンの鉢植え、結実中と云う札がぶら下がっていたので見ると、小さな実がいっぱい付いていた。ベンジャミンに実がつくなんて思ってもいなかったので、アトリエでその話をすると、あら、ウチのベンジャミンにも実が付くわよって云う声が・・・ベンジャミンは、和名シダレガジュマルと云ってクワ科の植物で、イチジクと同じ仲間だそう。花びらが付く軸の部分(花托と云うそうな)が、壷状にふくらんだ花嚢と云う所にびっしりと花が咲く、隠頭花序と云う咲き方をするのだそうです。実の中に花が入っている状態なので、実でもあり花でもあるんですって!そう云えばイチジクの漢字名は無花果って書きますものね。b0348195_052797.jpg



また小さな可愛らしい花束を頂きました。
自分のためには中々買うことのない花束、頂くのはうれしいものです。ありがとうございました。


[PR]

by y-azusaya | 2008-03-02 22:07 | | Comments(5)