西洋オキナ草

b0348195_053586.jpg



塀際に紫色の花が一輪見えていたので、クロッカス?と思っていたら消えてしまったと思っていたオキナ草。。。ずっと増えもせずにひと株だけあって、花も一輪しか咲かせてなかったような・・・昨年は姿を見せなかったので、もう消えてしまったか引っこ抜かれてしまったと思っていました。それで、育て方を見ようとネットで検索して見ると、どうもウチのとは違うような・・・で、初めて分かりました。我が家のは、ヨーロッパ原産の園芸種として栽培されている西洋オキナ草だと。これも母が何処からか貰って来たのだと思う。


オキナ草は、花期が終わって付ける種子の一粒一粒の先端に、2cm位の白い糸状の綿毛のようなものを付け、それが高齢者(翁)の白髭に見えることから、オキナ草と名付けられたのだそうです。西洋オキナ草は赤茶・紫・黄色・白と様々な色があるようですが、日本産のオキナ草は赤紫色の一色らしく、絶滅危惧種の中に入れられているようです。


ネットで調べて見てもほとんどが鉢植えの育て方で、地植えでの育て方、まして寒冷地での方法は分からず仕舞いでした。




[PR]

by y-azusaya | 2008-04-29 21:48 | | Comments(2)

千島桜

b0348195_053440.jpg



お昼くらいから雨になりました。本当に久し振りの雨で、草木にも作物にも恵みの雨で・・・と云う私にも、雨の日は花粉が飛ばないので恵みの雨なのですが、その前に強い風が吹いていたのでやっぱり目はムズムズ。。。で、風の吹くなか眼科に行って来ました。今日は学校検診があって11時からの診察、道理で何時もよりも混んでいました。今週、過去最高のシラカバ花粉の数を計測したとの事で、鼻の症状は3月末からの薬のお陰で抑えられていますが、目はついに痒くなりました。貰っていた目薬は、痒みが出ると効かないと云われていたので、別の目薬も出して頂きました。眼科の帰り、ちょっと気になっていた土木研究所の千島桜を見に行って来ましたが、今年は桜の開花が早かったので、案の定千島桜ももう散り始めている木もあったりで・・・傘を差しながら、それでも写真を撮って来ました。こんな雨の日に桜の写真を撮るなんて私ひとり。。。花びらに雨のしずくが見えるでしょうか。。。


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-24 23:44 | | Comments(7)

すみれの花咲く頃

b0348195_053479.jpg



庭には次々と花が咲き出してきました。いま時期は北海道特有、冬の花と春の花が混在して咲き競っています。ほとんど野菜畑と化した庭の片隅にスミレのひと塊が。。。繁殖力が強いのでひと塊だけが残されてしまいました。ギリシャ神話にも登場するスミレ科は、およそ16属850種もあってその中でスミレ属が400種。日本には50種ほどあるらしいのですが、地方変異など様々な変異があって、多くの変種や品種が知られているそうです。そう云えば万葉集にも「春の野に すみれ摘みにと 来し我そ 野をなつかしみ 一夜寝にける」と山部赤人が詠っているので、日本にも万葉の時代からあった野の花なんですね。歌と云うと、やっぱり「すみれの花咲く頃 始めて君を知りぬ・・・」の宝塚歌劇団の歌が思い出されます。実際にはまったく見た事がないのですが。。。スミレの花言葉は紫・白・黄色とそれぞれあるようですが、単にスミレとしては「誠実、小さな愛、小さな幸せ、ひかえめ」など等。。。晴天続きで雨不足、葉にも勢いがありませんがウチのスミレはちょっと赤紫色、母が何処からか持って来たものらしいです。


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-22 16:17 | | Comments(4)

エゾエンゴサク

b0348195_05348.jpg



昨日は、一週間続いた引き継ぎサポートの最後の日でした。仕事帰り、耳鼻科に行ってから久し振りで豊平公園に行って見ました。暖かいのでもしかしたらと思っていたら、やっぱりカタクリもエゾエンゴサクも咲いていました。今年はエゾエンゴサクが元気で、数も多いような。。。春つかの間の命のスプリングエフェメラルの一種で、薬用植物だそうです。カタクリは食べたことがあるけど、このエゾエンゴサクも、茹でてお浸し・白和え・ごま和えなどで食べられるんだそうですが、山菜として採れるような、エゾエンゴサクの密集した所は見た事がないのが残念です。カタクリはちょっと早いかなと云う感じでしたので、再度行って見ようと思っています。本当はアズマイチゲも撮りたかったけど、遥か向こうで無理でした。以前にはロープの傍にもあったように思えるんだけど・・・


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-18 16:37 | | Comments(6)

巣作りの季節

b0348195_053370.jpg



今年は少し早いかしら・・・カラスの巣作りの季節。雪解けが早く、春も急ぎ足でやって来たので、カラスもうかうかしてはいられないと巣作りに精を出し始めたようで。。。近頃のカラスは針金やプラスチックで巣作りをするようだが、ウチに来るカラスはライラックの枝を嘴で器用に折って運んで行く。他の木の枝は見向きもしないので、ライラックの木は柔らかく折れやすいからだと思う。カラスは春から夏が繁殖期だそうで、一夫一婦制で子育てをするとか。ウチに来るカラスも巣作りから夫婦一致協力体制です。抱卵期は20日前後、巣立ちまでは30~40日程度かかり、この間縄張り意識の強いカラスは神経過敏になり攻撃したりします。この時期、散歩に行く公園でも木の上を見上げてカラスの巣がないことを確認、あったら近付かないのが一番で遠回りします。このカラスも、今まで巣があった木を切られてしまって、いったい何処まで運んで行くのでしょう。。。


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-13 17:23 | 日々のできごと | Comments(4)

ヒスイカズラ

b0348195_053275.jpg
薬学部では
日本で最も北にあると云う医療大学に行って来ました。ここの薬用用植物園の温室に、北海道ではただ一ヶ所だけ見られると云うヒスイカズラがあります。先月の新聞に花が咲いたとの記事がありましたが、慌しい日々で見に行く事を考えてはいませんでした。ちょっと落ち着いた合い間に、姪にアッシーさんになってもらい行って来ました。ヒスイカズラは、フィリピン諸島の限られた地域の熱帯雨林にしか自生しないマメ科つる性の植物で、10メートル以上にも成長するのだそうです。花序は1~1.5メートル、通常は100~200の青碧色の花を付けるそうですが、何となく勾玉に似てますね。

b0348195_053219.jpg




英名もジュード・バイン(Jade・Vine)Jade=ヒスイと花の色から付けられています。この温室にはまだ蕾のものが幾つかあったので、しばらくは魅力的な花の色を楽しめそうです。花言葉は「私を忘れないで」そう云えば、絶滅危惧種に指定されているそうですが。。。


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-10 06:46 | | Comments(8)

花が開いたけど・・・雪割草

b0348195_053174.jpg



気温も14.5℃と上がり、気持ちいい陽射しのなか庭に出てみました。先日から蕾が開きそうだった雪割草も、今年は5つもの花を付けていました。だけどホンの豆粒のような花で、昨年よりも全然成長がしていません。ま、ほとんどほったらかし状態なので仕方がないのかも。。。このままでは消えて終いかねないので、ちゃんとした手入れを学ばないと・・・この儚い色合いから、スプリングエフェメラル(春の妖精)と称されるものかと思っていたら、これは違うんだそうです。春先に咲く花で、地上部に葉を広げている期間が2ヶ月ほどのものをスプリングエフェメラルと云うそうで、確かにこの雪割草の葉は2ヶ月以上夏の頃まであったような気が。。。b0348195_053134.jpg
で、この花の周りも耕してあったので、大文字草を植えて置いた場所を見て愕然!その周りも耕してあった。。。大文字草は、今どきは葉も芽も出てないので分かりづらいのだけど、根が残っているかしら???今年は早い春の訪れで、クロッカスも盛りを過ぎようとしています。


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-06 17:45 | | Comments(6)

花束づくし

b0348195_05309.jpg



3月最後の日は退職の日でもありました。一緒に辞める事になった後輩と、事務長に連れられて各部署に退職のご挨拶まわり。。。所属の部署からは花束を頂きましたが、それよりも、たった2年間しか一緒の所にいなかった方からも立派な花束を頂き、感激いたしました。事務長のご馳走でホテルのビュッフェでの昼食、最後の私物整理をして帰宅しました。歩き回った一日で疲れ、夕食後うつらうつらしてたら姪を初めに兄夫婦もやって来て、お疲れさまでしたとアレンジの花と「てもみん」のチケット、それに旅行券までくれました。思いがけない事で本当にビックリ。。。 送別会で食事はもう何回もしているだろうからと、兄たちの心遣いにこれも感激の夜でした。 b0348195_053171.jpg
今日4月1日からはノンビリ・・・とは行かずいつも通りの出勤、後任に仕事のやり方を教えに。。。ま、仕方がないです。後任は私の姉のところの姪がする事になったもので。実際は講義が始まって見ないと分からないと思えるので、中旬の1週間は毎日出勤になりそうです。


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-01 23:47 | | Comments(10)

ガイアナイトの日に・・・

b0348195_053011.jpg


b0348195_053040.jpg

昨日、3月30日は洞爺湖サミットに関連して、ろうそくをともして温暖化を考えようと云うガイアナイトが催されたようですが、この日は札幌の歴史的建造物である「豊平館」で、所属部署の方々が送別会を開いて下さいました。昇進される上司と、一緒に辞める事になった人との3人の送別会でした。残念な事に、主賓がパチパチと写真を撮る事も出来ずお料理の写真は無しです。


で、献立のメニューを。。。

 タラバ蟹のキッシュ、サラダ添え

 御造り、本鮪・寒八・甘海老

 根室産帆立貝のムニエル、香草バターソース

 留萌産アイナメのポワレ

 合鴨のロティ、グリンペッパーソース

 温物、桜鯛の葛あん掛け

 食事、海鮮太巻き

 デザート


ほろ酔い加減で公園の中を歩いて帰る途中に、振り返れば豊平館がライトアップされて漆黒の中に浮かび上がってました。ガイアナイトの日なんだけど・・・


[PR]

by y-azusaya | 2008-04-01 00:31 | 日々のできごと | Comments(2)