二つのご案内

b0348195_1061114.jpg


教室展のお知らせを自分のHPに掲載してくれた方がいて、ダラダラだらけて更新をサボっている訳には行かないなぁ~と。。。

来週の月曜日に搬入で、それまでに名札カードやら目録やらの作成に、これまたダラダラとやっております。机上と壁面のカードはやっと完成、あとは印刷をしてカットするばかり・・・目録は半分まで打ち込み、あとは共同作品のみを入れれば完成です。あ、作品管理のために、一覧表も訂正して作り直さなければ・・・


「萌えたつ若葉の緑も爽やかで、吹く風は花の香りを運び、ほんとうに心地よい季節となりました。鎌倉彫は、伝統工芸として現代まで脈々と受けつがれてきています。一つの作品を完成するまでには、彫りと塗り工程に長時間を要しています。一つ一つの作品にはそれぞれの人の努力のあとが表現されています。ぜひ、少しのお時間をおつくり下さって、ご覧頂けたら幸いと存じます。」・・・案内葉書文から





b0348195_1061112.jpg



「琉球カフェていだカンカン」がオープンしました。豊平区にあるブックカフェ「KISSA KAIKA」の定休日である、月曜日と火曜日の2日間だけの営業です。ご本人は本格開業前の実練習、ヤドカリ営業だと云っております。今回のカンカンプレートは沖縄そばとポーク玉子おにぎりで600円。おにぎりはランチョンミートと玉子焼き、油味噌の平べったいおにぎりです。この平べったいおにぎりは沖縄独自のものなんでしょうか?また食べて見たいと思える美味しさでした。あと、ていだぶれんど珈琲も美味しかったです。頑張って下さいね!


[PR]

by y-azusaya | 2009-05-21 00:20 | Comments(2)

三室山and吉野山

b0348195_106866.jpg


三室山の桜が見頃だとホテルで教えられてはいたけど、法隆寺の後、ひとまずホテルへ帰ろうとタクシーに乗りました。運転手さんと話している内に、ここからだと近いと云うのでそのままタクシーで行くことにしました。山そのものに入るよりも橋の上からの景色が一番好いと教えられ、竜田川に架かる橋の傍で降ろしてもらいました。全山桜一色の三室山です。
b0348195_106932.jpg標高82mの丘のような山ですが、名前の「みむろ」とは神の鎮座する山や森を表しているんだそうで。。。聖徳太子が斑鳩の宮に移られた時に、飛鳥の産土神をこの三室山に移されたと云う説もあるようです。

この山を反対側に下り、奈良駅前のホテルに歩いて帰りましたが、もうクタクタ。。。膝痛よりもふくらはぎの筋肉痛で・・・





b0348195_1069100.jpg


奈良の吉野山の桜は前から是非見たいと思っていましたが、学校関係に勤めていたので4月のこの時期は休みが取れずに、ただ憧れで終わっていました。ひょんな事から吉野行きが決まり、桜の山を見てきました。今年は開花が早かったのか、お山にしては既に盛りは過ぎ行きつつありで。。。

吉野山は、下の千本・中の千本・上の千本・奥の千本と上に向かって花期をずらしながら咲き登って行くので、4月上旬から下旬まで見頃が続きます。ホテルで下の千本は既に盛りは過ぎていると云っていたので、中の千本までバスで行きました。

b0348195_106922.jpg中の千本から見える桜もちょっと遅かったかも・・・これなら奥の千本に行った方が良かったような。。。それでも今までテレビや写真で見ていた吉野山の桜を目に前にしてただウットリ。。。








b0348195_106942.jpg
お昼はお花見弁当を買って桜を眺めながら食べましたが、いざその殻を捨てようにもゴミ箱なるものがない。吉野山は世界遺産に登録された山だそうで、環境美化推進のためにゴミは持ち帰るようにと云うことでした。この後、関西空港から帰途に着くのに、結構かさ張る空の弁当箱を持って歩くのも・・・と、山を下る途中のお店に入り、吉野葛で作った葛羊羹を買ってそのお店の方に捨てて貰う様お願いしました。これで身軽に・・・この最後の山下りで、親指の付け根に血豆が出来ていたのを知ったのは帰宅してから。。。破れなかったので痛みはなく、全然知らずに歩いてました。


これで、3泊4日のトワイライトエクスプレスで行く京都奈良・桜の旅はひとまず終了。。。遅々として進まぬ更新で長々と掛かってしまった。札幌では大通公園のライラックの花が開花したそうで、リラ冷えのシーズン到来です。寒い・・・


[PR]

by y-azusaya | 2009-05-12 23:26 | | Comments(8)

法隆寺の桜

b0348195_106621.jpg


b0348195_106695.jpg


奈良に戻りました。
上の写真は法隆寺のソメイヨシノで満開です。
どこで撮ったのかは既に分からなくなっています。


左のは中央に夢殿がある回廊にあった枝垂桜、
きれいなピンク色をしてました。












b0348195_106615.jpg


聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の跡に建立された東院伽藍の、回廊で囲まれた中に夢殿があり、八角円堂としては最古の建物で国宝になっています。天平11年、聖徳太子の遺徳を偲び高僧の行信僧都が建立、中央の厨子には聖徳太子等身の像と伝えられる国宝救世観音像が安置され、春は4月11日から5月18日まで夢殿本尊特別開扉されるそうですが、残念ながらちょっとの差でお目にかかれませんでした。



b0348195_106748.jpg


法隆寺の玄関である南大門から真っ直ぐ入った所が西院伽藍で、正面に見えるのは中門、後ろに五重塔も見えます。中門は仁王門とも呼ばれ、左右には日本に残っている最古のものと云われる奈良時代の金剛力士像が立っています。







b0348195_10679.jpg

b0348195_106713.jpg
















[PR]

by y-azusaya | 2009-05-08 23:54 | | Comments(2)

札幌の桜も・・・

b0348195_106434.jpg



母親金魚がどうもマツカサ病らしい・・・よ~く見ようとすると奥のほうへ引っ込んでしまうので、なかなか確かめられないでいるけど、お腹がぷっくり、なんかウロコが逆立っているような気も。。。1日に金魚やに行って来たけど、その時は何ともなかったのに・・・で、昨日また金魚やに行って来ました。薬を切らしていると云うので、お店の薬一回分を貰って水槽に投入して置いたけど、マツカサ病は難しい。。。


帰りに中島公園の枝垂桜を見に行って来ました。ちょうど満開見頃でした。先日も公園の桜(ここはエゾヤマザクラが多い)を見て歩きましたが、満開に近いものまだ蕾の多いものと有ったのが、連休中の20℃を越す気温に一気に花開き散ってしまったようで。。。開花後に気温が上がると花が長持ちしないんですね。本当に花の命は短いです。





b0348195_106534.jpg
この時期、中島公園では園芸市が開かれています。こちらもウロウロ見て歩き、蕃茉莉の鉢植えを見っけました。欲しい・・・だけど大っきい、とても重くて持って帰れそうにないと香りだけを嗅いで別の店に。。。そこでユキザサ(アズキナ)の苗を見つけ、しばし立ち止まる。で、お店の方に食べられるように増えるのかと聞いてみました。たまたまそこに来ていたお客さんが、5年ほどもしたら食べられるよって教えてくれたので思い切って買って来ました。ホンとに増えるかなぁ・・・?お店の人が山ワサビもあるよって云うのでこれも。。。何か食べられるものばかり買ってきちゃった。
山ワサビは花も可愛いって云うし・・・






[PR]

by y-azusaya | 2009-05-06 23:25 | | Comments(6)

清水の舞台から・・・

b0348195_106225.jpg



遅々として進まぬこのブログ、ついに5月に入ってしまいました。


なだらかに続く清水寺への坂道を上がる頃には、夕方になってしまいました。夜はライトアップされていると聞いていたけど、昼間の部と夜の部とが完全に入れ替え制になっているとは思いませんでした。
ちょうどたどり着いたときは昼間の拝観が終わる時間で、夜の部が開門されるまでしばし、行列に並んで待ちました。

今の清水の舞台は1633年(寛永10年)に再建されたものだそうで、巨大なケヤキの柱を立てて縣造りに構築された高さ13m、約190mの総ヒノキ張りの「舞台」を張り出しています。その舞台上からは京都市街が一望でき、下を見下ろせば伽藍を取り巻くように咲く桜の花を見られます。境内にはヤマザクラやソメイヨシノなど、約1000本の桜があるそうです。

b0348195_106290.jpg



山門を入って、
階段を上がる途中で後ろを振り返ると、
きれいな夕陽が出てました。










b0348195_106278.jpg
薄暗くなって来た境内を歩いていたら、すっごい昔、修学旅行で来た時に見たような・・・で、思わず撮って来て調べて見ました。

「音羽の滝」と云って、ここから湧き出る水がとても清らかであると云う事で、清水寺の名前の由来になったとか・・・開山の延鎮上人が修行した場所とも伝えられているようです。

「延命水」「黄金水」とも呼ばれる清めの水が流れていて、健康長寿、学業上達、縁結びにご利益があるのだそうで、3本の鼎から流れる水を請願成就を願って飲みます。だけど、飲むのは3つの内のどれか一つなんだそうです。


これで京都編は終了。。。次回からは奈良に行きます。


[PR]

by y-azusaya | 2009-05-03 23:05 | | Comments(2)