花火

b0348195_115115.jpg



b0348195_1151247.jpg

今年2回目で、最後の花火大会は7月も最後に日に打ち上げられました。昨日から2週間ぶりに太陽が出て、今日もやっと夏らしさの感じるお天気になりました。今年は、何となく川原まで行くのが大儀になって、2回とも自宅の窓からの見物になりました。低めに上がった花火は半分だったり裾が少し欠けたりですが、高く上がったものはそれなりに見えます。



b0348195_1151246.jpg



今夜は、札幌ドームの日ハム対ソフトバンクのテレビ中継を見ながら、部屋の中を行ったり来たりでの見物でした。日ハムは今夜も勝って9連勝です。


[PR]

by y-azusaya | 2009-07-31 23:05 | Comments(8)

豆腐の味噌漬け

b0348195_1151051.jpg



b0348195_1151127.jpg


だいぶ前に頂いて、まだ日にちがあると冷蔵庫に入れっぱなしになっていた豆腐の味噌漬け、出してみたらとっくに賞味期限が過ぎていた。チーズのような・・・に惹かれて食べてみたけど、賞味期限が切れていても大丈夫のような。。。みそ味のクリームチーズのような食感で、癖になりそうな美味しさだと気に入ったけど、姪はちょっと糠ぽい香りがイヤだって。。。この豆腐の味噌漬けは、平家の落武者によって保存食として利用された事が発端だそうで、熊本県五木村周辺に伝わり、保存食として有名なんだそうです。わたしには塩分が少し気になってたくさんは食べられないけど、お酒を飲みながらちびちびと食べるのはとっても美味!


[PR]

by y-azusaya | 2009-07-27 23:23 | | Comments(4)

ガウラ(白蝶草)

b0348195_115732.jpg



庭に見慣れない白とピンクの花があった。庭仕事をしていた兄に聞くと、傍に名札が置いてあるだろうって。。。義姉が購入したもんで、覚えていないんだ。。。

ガウラと云う北アメリカ原産アカバナ科の花で、耐寒性の多年草であるので北国でも丈夫に育つらしい。名前のガウラは、ギリシャ語で「華麗な」と云う意味のガウロスに由来しているそうですが、繊細な茎が風にそよぐと蝶が舞っているような花の感じから、白蝶草と云う別名もあります。一つ一つの花の寿命は短いのだそうで、いっぺんに全部の花が咲き揃う事はなく、夏から秋にかけて次から次へと咲くので長い期間楽しめるようです。背丈の高い花のようですが、うちのはコンパクトガウラと云われるものらしく、低い背丈です。こぼれ種や株分けで増えるそうですので、来年はもっとたくさんの花が咲くのではと楽しみです。



[PR]

by y-azusaya | 2009-07-15 23:04 | | Comments(6)

ノハナショウブ・・・かな?

b0348195_115711.jpg



先日、本当に久し振りで従兄の家に立ち寄って来ました。お庭の片隅に植えてあったアヤメらしき花、何の種類なのかは分からないとのことでした。何でも山菜採りに行ったときに、笹薮の中にあるのを見つけ持ち帰ったものとか。。。今では増えて、今年はたくさんの花が咲いたとひと株頂いて来ました。ネットで探して見て、ひょっとしたらノハナショウブ(野花菖蒲)かもしれないと。。。


ノハナショウブは北海道から九州の湿原や湿性の草原に生育していて、この花を改良して作り出されたのが園芸種の花菖蒲なんだそうです。花菖蒲のように華やかさはないけど、葉が細くて、きりっとした粋な感じの花です。




[PR]

by y-azusaya | 2009-07-08 21:49 | | Comments(2)

カバの口の中

b0348195_115630.jpg


b0348195_11567.jpg

カバはゾウに次いで重く、体重は約2~3トンもあってそこだけが水面上に出す事が出来るように、鼻、目、耳は顔の上に一直線に並んでいます。カバが口を開けないかなぁ~としばし待ちました。人間があくびをするのと同じように、カバのあくび(?)だと思っていたけど違ってました。カバが口を開けるのは、野生では他の動物への威嚇なんだそうで、動物園などの飼育下では「お腹が空いた」との意思を表しているのだとか・・・知らなかった。。。ここの動物園の雄のドンは、一日約50㎏の草やニンジン、芋、おから、キャベツ、塩、カルシュウムなどを食べているようです。


b0348195_11566.jpg


カバの場所から先に進んだ所、これからカバに餌を与えるので口の中が観察できますとのアナウンスが入ったので、引き返しました。閑散としていたのに人が集まってきたので、隙間からパチリ。。。やっぱりあくびではなかった・・・餌をもらえるとなると、ちゃんと口を大きく開きました。喉の奥にたくさんのニンジンを詰めてもらっていました。喉つまりしそうな・・・


2006年、国際保護連合のレッドデータブックに絶滅危惧種として登録されました。


[PR]

by y-azusaya | 2009-07-05 15:58 | 日々のできごと | Comments(2)

双子のあかちゃん

b0348195_115371.jpg



b0348195_115368.jpg

月曜日、姪が勤めている幼稚園が休園になったので、シロクマの双子のあかちゃんを見に行って来ました。わたしはうん十年ぶりの、姪は、遠足で毎年来ているけど落ち着いて見た事がないと云う円山動物園。一時は大変な混雑と聞いていたけど、平日ともあって、、、それともだいぶ大きくなったからか、ゆっくり見ることが出来ました。大きくなったと云っても、まだまだ可愛い盛りです。

この双子のあかちゃん(まだ名前が付いてません)は、昨年12月9日に誕生し、3月から一般公開されています。2匹のお姉さんであるピリカとツヨシは、外観のみの確認で謝って雄と判別された事から、今回はDNA判定で雄と確認されました。双子でも1匹はとっても甘えん坊、直ぐにお母さんに寄り添って行きます。そのお母さんのララは、気性が荒いようですがとても美しい顔のシロクマ、美女です。



b0348195_115421.jpg
待っていてもなかなかプールに入ってくれなかったので、一先ずその他の動物を見て廻り、帰り掛けにもう一度寄ることにしました。何となんと、失敗しました!デジカメの予備バッテリー、充電してませんでした。電池がなくなったので取り替えようと思ったら、予備も電池切れ。。。双子のあかちゃん、プールに入っているのに・・・で、携帯で撮って見る事にしました。携帯ではほとんど写真を撮ったことがないので、ズームのやり方も分からない。遠い画像になったけど取り敢えずは撮れていたので、シロクマの部分を切り取りました。



b0348195_115446.jpg
この子は、このポリタンクがお気に入り、、、遊んでいるうちにプールの外に落としてしまいました。諦めるかなぁと思ったら、急いでプールから上がり階段を駆け下りて行きました。下は見えません。。。音だけが聞こえて来ますが、いくらお気に入りでも持って上がっては来られないわねぇ。。。


ホッキョクグマは、地球温暖化の影響などによって、2006年絶滅危惧種に指定されました。




[PR]

by y-azusaya | 2009-07-01 16:14 | 日々のできごと | Comments(8)