函館へ雅の世界を求めに

b0348195_1251438.jpg


本当は1泊2日の小旅行の筈が、急遽日帰りの旅になりました。
最初は日帰りでも・・・と思っていたので、元に戻っただけですが。。。目的は、道立函館美術館で開催されている「琳派・若冲と雅の世界」展を見ること。


大阪の実業家細見家3代に亘っての蒐集をもとに、平成3年に京都で開館した細身美術館は、日本の美術工芸のほとんど全ての分野時代を網羅しているそうで、今回は俵屋宗達や尾形光琳など江戸時代の琳派、独特な画風の伊藤若冲、平安鎌倉の宗教美術や絵巻・工芸品など約90点が津軽海峡を渡って来ました。これらが北海道で公開されるのは初めてなんだそうです。


お目当ては伊藤若冲、でも、期待していた野菜などの植物画はあまりなくて、6点の内半分は鶏。若冲は鶏の絵を得意としていたそうで、一番目を引いたのが6曲1双の鶏図押絵貼屏風でした。鋭い目、大地を踏みしめている爪先の力強さ、鶏苦手の身としては、こんな鶏が放たれていたら、即、回れ右です。



b0348195_1251446.jpg
館内では図録や絵葉書などのグッズや図案集などの本も販売されていて、「すぐに使える花の丸文様」を買って来ました。すぐに使えるって言葉に飛びついたのですが、帰宅後じっくり見てみると図案のヒント位かなぁと。。。あとは絵葉書1枚とクリアファイル、好きなものを選んで購入してみればどちらも神坂雪佳のもの、絵葉書はやっぱり金魚でしょって、玄関前左のユニークな金魚の絵です。






[PR]

by y-azusaya | 2010-07-30 11:17 | 日々のできごと | Comments(2)

ログハウスのカフェレストラン

b0348195_1251198.jpg


b0348195_1251165.jpg


ギャラリーから上を見上げると、併設されているログハウスのカフェがあります。ここで昼食を取ることにし、雨に濡れてちょっと滑りやすくなった木の階段を上がって行きました。庇が大きく取ってあるテラスは、少々の雨では濡れそうもなのでここで食べる事にしました。誰もいないテラス‥蒸し暑い日だったので、降る雨を見ながら小鳥の声を聞きながらの昼食は、すっきりとして気持ちの良いものでした。マイナスイオンをいっぱい吸って……



b0348195_1251272.jpg


メニューを見て決めたのは、パスタランチの私はボンゴレビアンコ、姪はミートソースでした。ここは3種類のサラダとデザートのケーキはお替り自由で、この日のケーキはシナモンのシフォンケーキでした。






[PR]

by y-azusaya | 2010-07-26 18:25 | Comments(4)

森の中のギャラリー

b0348195_125985.jpg


曇り空の海の日に、日本海沿岸を北上しました。我が家から1時間(?)ほどの厚田望来で、絵を習い始めた姪の子のグループ展がありました。ひと足先に見て来た妹から、大した絵でないから無理して行かなくてもいいよ~とメールが来てたけど、幼稚園の先生をしているうちの姪と行って来ました。


会場は森の中にあるギャラリー&カフェ「チニタ」。小さな可愛らしいギャラリーでした。丸く見えるけど24角形なんだそうで、何でもムーミンの家のイメージで建てられたようです。チニタってアイヌ語らしいけど、どんな意味があるのかなぁと帰宅後に調べて見たら、「夢」と云う意味だそう。ギャラリーは1階と2階に分かれていて、中心には太い丸太の大黒柱が立っているどっしりと落ち着いた感じの空間でした。



b0348195_125914.jpg


ほとんどが具象画の中で、一見抽象画にも見える7才と4才の子の油絵です。ま、書きなぐったようにも見えるけど、この子たちのみ年齢が入っていたのは他の絵は大人かもっと大きな子なんでしょうね。何をイメージして描いたのかは本人に聞いて見なければ分からないけど、額に入れば立派に見えるわ。。。


b0348195_1251067.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2010-07-22 23:02 | 日々のできごと | Comments(4)

雛たち

b0348195_125511.jpg


ほぼ一ヶ月半ほど行ってなかった公園に行って来ました。
人工池の周りの菖蒲の花は、最盛期が過ぎつつありました。前回行った時には見当たらなかった鴨の雛が、かなり大きくなっていました。もう母鳥と見分けが付かない位です。



b0348195_125659.jpg


池をぐるっと廻って来た所に、もう一つの鴨の家族がいました。こちらの雛はまだ赤ちゃん赤ちゃんしていて、この足の主である男性にとても懐いていました。3羽と云うことは他の子はカラスにやられたか…?

しばし、この足に纏わりつき、男性が移動するとその後をヒョコヒョコとついて行く姿は可愛い。。。傍で見守っていた母鳥も一緒に後を追い、少し離れた別の池の方に移動して行きました。ここの鴨たちは人に馴れていて、近付いても逃げないけど、こんなに人に懐いているのを見るのは初めてです。人と云っても、多分この男性にだけのようですが。。。



b0348195_125724.jpg


b0348195_125762.jpg


こちらはカラスの子供たち…野草園にはほとんど見る花がなくなったなぁと、ぐるっとひと周りして後ろを振り返ったら、いま通ってきた通路にカラスが、、、小さめなので今年巣立ったカラスの子供らしい。近くの木では親ガラスがガァガァ鳴いていた。良かった~!通り過ぎた後で・・・




[PR]

by y-azusaya | 2010-07-19 00:23 | | Comments(6)

さくらんぼジャムを作りました♪

b0348195_125414.jpg


今年は、我が家のさくらんぼの収穫が少なくて、おまけに酸っぱいのです。いつも6月末、母の月命日に合わせるように採っていて、姉妹にお持ち帰りさせるのですが今年はそれだけの量が採れませんでした。酸っぱい果物は苦手で、しばらく冷蔵庫に入れたままにしていたさくらんぼを、ジャムにしました。種を取るのが厄介ですが、後でネットで見たのには最初に炒めるって書いてある所があって、火を通すと柔らかくなって種も取りやすいようです。グラニュー糖をまぶして1時間ほど放置、それから火にかけて煮ました。小まめに灰汁を取りながら煮詰め、最後にレモン汁を入れたんですが、もしかしたら入れ過ぎ・・・?砂糖もレモン汁もいい加減な量で、甘くてちょっと酸っぱいジャムに仕上がりました。これはヨーグルトに入れて食べます。



b0348195_125490.jpg


昨年鉢植えにしていた風船蔓、そのまんま雪の下にしていました。毎年種を植え替えるのですが、今年は出遅れてしまったので止めていました。ふと見ると、そのまんまほったらかしていた鉢に葉が出ているじゃないですか!今年は6月が暑かったからねぇ。。。

これから実が生るまでに大きくなるかどうか分かりませんが、しばらくは経過観察です。この鉢の土にはワラジさんがいっぱい巣くっているんですが・・・




[PR]

by y-azusaya | 2010-07-12 16:43 | | Comments(4)

エゾシャクナゲ

b0348195_125350.jpg


暑い日が続いていたけど、今日は今にも崩れそうなお天気で、夕方にはサラッとひと雨きたみたいです。窓からの空気が冷っとして、今夜は気持ち良い。

今年は、庭のシャクナゲがたくさんの花をつけました。西洋シャクナゲはもっと早くに花開いて、既に終わってしまいましたが、ずっと昔からあるこのシャクナゲは今がちょうど見頃です。蕾は薄いピンク色ですが、開いた花は白っぽくなります。白山シャクナゲの変種だそうで、北海道に自生するものをエゾシャクナゲと呼ぶようです。葉の裏側に細かいビロードのような毛があるのでウラゲシャクナゲとも云われ、原種の白山シャクナゲと区別をしているそうです。

b0348195_1253100.jpg


写真を撮っている最中にハチが蜜を吸いに来てましたが、一箇所にジッとはしていないのでボケボケの写真です。近頃はミツバチが少なくなったそうで、これもミツバチではないですね。何て云う種類なんでしょう?







□■


5月末に買って来た山芍薬がなくなってしまいました。ポツンと小さな穴があいていたので、引っこ抜かれたか・・・?普通の芍薬の傍に植えていたので、脇芽と思われたのか・・・自分では草取りなんぞしないので、ま、仕方がないかと。。。来年また見つけたら買って来よう。


[PR]

by y-azusaya | 2010-07-06 22:13 | | Comments(4)