風船蔓&マラソン

b0348195_1252082.jpg



b0348195_125205.jpg
つる性の1年草である風船蔓、紙風船のような果実が好きで毎年種から芽出しをして鉢植えにしていたけど、今年は時期を逸してしまいました。昨年の鉢植えもそのまま雪の下にしてしまい放置状態。ある時ふと気が付くとその鉢に小さな風船蔓が‥‥鉢の傍の地面にも、こぼれ落ちた種からの新芽が出ていました。実がなるまで大きくなるかどうかと危ぶんでいたけど、鉢の方も地面からの方も見事に育ちました。種から芽出しをして植えたものよりも丈夫そうな風船蔓になって、今の所まだまだ伸びています。熱帯地方原産なので、越冬した種が芽を出すとは思っても見なかったですが、記録的な暑さの今年だからなのでしょうかねぇ。

b0348195_1252043.jpg

風船蔓の花はとっても小さな白い花で、果実からはハート模様の可愛い種が採れます。越冬しても大丈夫ならまたこのまま放置して見ようか。。。











8月最後の日曜日は北海道マラソンです。今年は第24回目、昨年から制限時間が4時間から5時間の緩和されたので、過去最高の8861人のエントリーがあったそうです。走るコースが目の前と云っても良い様な所であり、以前のお稽古仲間が走るので応援に出ました。大勢の中からの1人はとても見つけられませんので、いつも走っている方から声を掛けてもらっています。昨年は母の法事で応援出来なかったので、2年ぶりに会うマラソンマンは頭がロマンスグレーになっていて、ちょっと胸にグッと来ました。お稽古を止めてから何年になるのかなぁ‥…いつも以前の若々しい姿しか頭になかったけど、自分の年を重ねて考えて見ればそっか~と。。。体脂肪率がナオミキャンベルと同じと云っていたマラソンマン、まだまだ走れそうですね!

それにしても、目の前を走る8000人を超えるランナーには圧倒されましたが、ランニングホームと云うのは人それぞれで面白いと思いました。男女共に最後まで分からなかった優勝者は、男子はケニア出身で初マラソンのジュイ・サイライス、女子は1年7ヶ月振りに復活の原裕美子さんでした。気温も湿度もとっても高い中、着ぐるみのランナーは完走できたんでしょうか。。。



[PR]

by y-azusaya | 2010-08-29 23:19 | | Comments(2)

「古代ローマ帝国の遺産」展

b0348195_125184.jpg 今日で終わってしまいました。
ずっと前に招待券を頂いていたのに、終了するまであと数日って云うある日、慌てて見に行って来ました。300年もの長きに渡り栄華を誇った古代ローマ帝国。帝国の繁栄はその広大な領土に富をもたらし、人々は豊かな生活を謳歌してましたが西暦79年、南イタリアのヴェスヴィオ火山の噴火で、周辺の街は一瞬にして火山灰に埋もれてしまいました。今回は、悲劇の街ポンペイの出土品を始め、日本で始めて紹介される初代ローマ皇帝アウグストゥス等の大理石の肖像や工芸品、壁画など、イタリア各地のコレクションから選りすぐりのものが出展されてました。

会場ではVR(バーチャルリアリティ)映像の展示もありまして、ポンペイにあった個人の邸宅「黄金の腕輪の家」の、当時の姿を視覚的に再現されたものを見ることが出来ました。当時の人は寝台に横になりながら食事をしたそうで、食卓テーブルの傍には椅子ではなくベットが置かれていました。居間と云われる部屋もとっても狭く、周囲には「庭園の風景」と云われている壁画が描かれている事で、広く感じられました。火山灰に埋もれる前の豊かな生活を垣間見る事が出来るVR映像、見終わった後はもう一度、展示されていた「庭園の風景」の南壁と東壁に立って見ました。本当に狭い空間なんで、皆が集う居間ではなくて個人用の居間なのかしらと。。。




[PR]

by y-azusaya | 2010-08-22 23:06 | 日々のできごと | Comments(4)

函館の続き~♪五稜郭タワーから

b0348195_1251618.jpg



b0348195_1251611.jpg


朝、札幌発8時34分の振り子特急スーパー北斗に乗って、函館に着いたのは11時54分。先ずはタクシーで、場所のはっきり分からない函館美術館まで行ってもらうことにしました。タクシーの運転手さんに、駅からお客さんを乗せて美術館までと云う人は、滅多にいないと云われてしまいました。
お昼を食べるため美術館の向かいのビルに入りましたが、なんとそこが五稜郭タワーの下だと云うことが、その時はまるで知らないで松花堂弁当のランチを食べていました。美術館から出て、五稜郭タワーは何処かいな?と上を見上げれば目の前にタワーがスクッと建ってました。視線を下の方に向ければさっき出て来たところ。。。これでタクシーの運転手さんの云った事が納得‥‥きっと皆さん、行き先は五稜郭タワーって云うのですね。


五稜郭タワーは2006年に新タワーが開業、以前のタワーよりも高くなって、五稜郭の星の形が良く分かるようになりました。星形のお城の起源は16世紀頃のヨーロッパだそうですが、函館の五稜郭は幕末期に西洋の技術に初めて接した人々が、新しい時代の象徴として築いたものだそうです。当時は箱館と表記され明治以降に函館となりました。

b0348195_1251627.jpg
復元された、北方の外交と警備の拠点となった「箱館奉行所」は29日がオープン、残念ながら行くのがちょっと早かったです。

タワーの展望室からは遠く函館山や津軽海峡を望めますが、床から上部前方に斜めに迫り出しているガラスの壁面は、足元から真下が良く見えて高所恐怖症にはちと怖いです。ここで、前日から函館入りしていた友人の娘さん家族と落ち合い、帰りはその車に便乗させて貰い帰途に付きました。函館滞在5時間、日帰りでも充分楽しめたプチ旅行でした。


[PR]

by y-azusaya | 2010-08-05 22:36 | 日々のできごと | Comments(6)

やっと澄んだ水に・・・

b0348195_1251526.jpg



b0348195_1251574.jpg                                                       冬の頃から水槽の水の白濁が治まらず、バクテリアなどを投入したりもしたけど一向に改善されないでいました。ふと気がつくとタンチョウの尾びれが酷いことに‥‥昨年買った薬が残っていたので投入していたけど、何ともなかった蝶尾出目の体に白いものが点々。。。気がついた翌々日一気に増えてしまい、もうこのままでは死んでしまうと金魚やに走った。


デジカメに撮った左の写真を見せたら、水がもしかしたら白い?って聞かれた。最近は白濁りを取る薬を入れて改善はされてはいたけど、直ぐに白っぽくなってこの時はまだいい方の半透明。。45cm水槽の使い始めは上部フィルターだったけど、そのうちに投げ込み式フィルターに、そしてもっと簡単な外掛式フィルターを最後に使っていました。この外掛式フィルターは、活性炭が入っているフィルターを取り替えるだけなので管理が簡単だった。自分に簡単なものは金魚には良くなかったようで、活性炭の入っているフィルターだけではバクテリアの住み着く所がないので、幾らそれを取り替えても良い水が出来ないのだそうです。で、バクテリアの住み着く場としてのリングを入れている、外掛式フィルターに取り替えることにしました。金魚やのお兄さんに、ちゃんとやってるんだとばかり思っていたといわれてしまった。。。


買っては来たものの日中は来客で交換できず、明日にしようかなぁと思いながら蝶尾出目を見ていると、何かだんだん酷くなるようで、明日の朝死んだ姿を見るのでないかと思うとそのままにはしては置けず、夕食後、一気に取り替えました。取り替えた後は、直ぐにビックリするようなきれいな水になるって金魚やが云っていたけど、本当でした。今朝は、蝶尾出目の白い部分が幾分少なくなっていたけど、まだ安心は出来ないようにも。。。




÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷




 

b0348195_1251646.png



30日、このブログにログインしたら、
ブログペットのももがお祝いの言葉を云ってくれました。
もう一つのブログのうさ吉は、
いつも ほったらかしにされているので、
自分の日記に書いてくれただけですが、
両方とも愛いやつです。^^




b0348195_1251674.jpg


ブログペットにお祝いを云ってもらって喜んでいたら、小さな可愛らしいケーキを持って姪が入ってきました。自分では黒ビールを飲んでお終いにしていたので、思いがけないBirthday Cakeにうれしさいっぱいです。


[PR]

by y-azusaya | 2010-08-01 18:02 | 金魚 | Comments(2)