セイヨウオダマキ・ウインキー

b0348195_1351669.jpg


b0348195_1351678.jpgもう三十数年前(多分?)に、北見に引っ越していった友から頂いたセイヨウオダマキです。セイヨウオダマキと云われるものは、ヨーロッパ原産と北米産の交配改良種だそうで、オダマキの仲間はもともと雑種を作りやすく、花形も花色も様々な多数の園芸種があります。我が家でも数種のセイヨウオダマキがありますが、花びらがプリーツスカートのように見えるこの花が好きで、ずっと単にセイヨウオダマキと云っていましたが、今回調べて見てセイヨウオダマキ・ウインキーの一種らしい事が分かりました。ウインキー種もいろいろな花があるようです。日本原産の青紫のオダマキもあったのですが、増えるのを嫌われて遂に今年は姿を見かけなくなりました。庭仕事をしないので文句も云えませんが、採ってあった種を蒔いて置いたけど出るかな~?これも風前の灯、種を採取して置かなくては……




[PR]

by y-azusaya | 2011-06-29 16:05 | | Comments(4)

中華まんじゅう

b0348195_1351641.jpg
先日、地方の都市でのお葬式に出た姪が、引き出物として中華まんじゅうを頂いてきたのをお裾分けで貰った。その昔、お葬式や法事の引き出物といったらこの中華まんじゅうが定番であったが、最近はすっかり他のものに様変わりしてしまった。この中華まんじゅうは北海道だけのものかと思っていたら、他の地方でもあるんですね。

和菓子の世界では、小麦粉・砂糖・卵を基本の材料とする生地を「中花種」と呼ぶそうで、これを焼いて作るものを「中花」云うのだそうです。中花は中皮とか中華とも書くことがあり、北海道では「華」の字が定着したようです。b0348195_1351684.jpg 中の餡はこし餡なので、びっちりと詰まった餡でもさっぱりと食べられます。他の地方との違いは、長さが20cmもあるところでしょうか。。。


[PR]

by y-azusaya | 2011-06-20 13:58 | | Comments(6)

シロヤマブキ

b0348195_1351633.jpg



枯れそうになっていた鉢植えのシロヤマブキを、マンションでは可哀想なので地べたに植えてと頂いて3年目(?)、やっと花が見ることが出来ました。毎年、枯れてないわいと思いながら花が見られるのかしらと思ってました。ヤマブキと云う名が付いてますが、山吹色のヤマブキは5弁花でこのシロヤマブキは4弁花、本来のヤマブキとは違うそうです。名前はヤマブキに似ていて白い花な所に由来するとか。。。バラ科シロヤマブキ属の落葉低木、日本(中国地方)、朝鮮、中国に分布、花は新枝の先に1個付き、秋には実がなるそうですのでそれも楽しみです。花言葉は気品、いかにもって云う感じの花です。


・ ・ ・ ・ ・


何十年ぶりかで熱の伴う風邪を引いてしまい、花粉症とのダブルパンチ。風邪の方は良くなったのですが、今年は、飛散開始日が遅かったシラカバ花粉で鼻の症状と目の痒さが半端ではなかったです。これももう少しの辛抱かと。。。展示会に引き続きこんな状態であったために、今日で3才を迎える筈だった金魚を2匹とも失ってしまいました。うちで初めて孵した金魚の最後の2匹でしたが、注意が足らなくて残念です。空っぽの水槽を見ながら、もう金魚飼育止めようかと思案中で・・・・・・

[PR]

by y-azusaya | 2011-06-12 17:28 | | Comments(2)

作品展終了しました。

b0348195_1351511.jpg



2年毎の作品展も、例年通り5月4週目に実施され無事終了致しました。
今回は前日の搬入に引き続き、翌日の先生の作品解説、夜の懇親会にそのまた翌日の午前の会場当番と盛りだくさんで有ったため、当番の日の夕方の通院で尿タンパクが通常+1の所+3に増えていて、道理で歩く気にならずタクシーで会場まで行きたかった訳だわと。。。クリニックに行った時にはとっても疲れていました。天窓のあるこのギャラリーは、自然光が入ってとてもいい雰囲気になりますが、会場作りは例年と変わりようもなく、こんな感じです。



b0348195_1351588.jpg


6年前、私たちの所属している会の50周年記念展が横浜赤レンガ倉庫で開催されましたが、その時のパネルの一部を飾りました。
本来はとても大きなパネルなんですが、我が教室の部分のみです。退会してしまって抜けている所もありますが、それはそれでいい感じになったと思います。




b0348195_1351578.jpg数年前から教室ごとにテーマを決めて作った作品を出してますが、我が教室の今回のテーマは「源氏物語」…本当は源氏物語絵巻のパネルなんて壮大な話が出たのですが、見た事もない絵巻は皆目見当がつかず、取り組みやすいって事で、器物はそれぞれで源氏物語に因んだ花を題材にすることにしました。学生時代の源氏物語の本を引っ張り出し、ザッと読みしながら私は小棗に菖蒲を彫りました。他の方は小箱に桜・丸筥に夕顔・花器に藤・蛤型銘々皿に源氏香(葵・楓)それに楕円皿に根引き松でした。



実を云うと、今回出品しようとしていた作品は完成しませんでした。塗りに手間取り、最後に目立つ所で失敗してしまったので、旧作のこちらでは未発表の作品を急遽出すことにしました。鎌倉での創作展に出品したものです。


b0348195_1351547.jpg









コメント


[PR]

by y-azusaya | 2011-06-01 17:11 | 展示会 | Comments(4)