奇想天外

b0348195_1851511.jpg
前回から引き続き、緑のセンターからのものです。
多肉植物にはあまり興味がないので(花も咲いてないし…)いつも見過ごしていましたが、これはとっても珍しい植物なんだそうです。
ウェルウィッチア、日本では奇想天外という名前で知られ、生涯を通して左右対の2枚の葉が螺旋状に伸び続け、1000年以上もの寿命があるそうです。
原産地はアフリカのナミビア・アンゴラで、ナミブ砂漠では希少な植物として厳重に保護されているようです。こんな希少価値のある植物が身近にあるなんて知りませんでした。以前、京都府立植物園から盗まれてしまった事があるそうですが・・・


[PR]

by y-azusaya | 2013-01-29 17:39 | 植物 | Comments(2)

ドンベヤ・ワリッキー

b0348195_1851214.jpg




b0348195_1851380.jpg先週、久しぶりで緑のセンターに行って来ました。
HPでドンベヤ・ワリッキーの花が開き始め、開花中の花を含めて20個ほども蕾が付いていると見ていたのに、すっかり忘れていてよそ様のブログを見て思いだしました。冬には滅多に行かなくなった緑のセンターですので、この花を見たのは2回目か・・・?で、過去の記事を検索して見るもヒットせず・・・確か記事にしたと思って探して見たら、名前の表記が違ってました。当時は名前を覚えてこなかったので、ネットで探したドンベア・ワリッチーと表記してましたが、今回はセンターでの標記を取り入れました。
「アフリカ東部マダガスカル原産3~10mになる常緑樹、葉の長さは30㎝程でギザギザした心臓型で、花は4㎝くらいの小花が集まった球状の散形花序で、枝から垂れ下がってつく。花の色は濃いピンクで冬に咲く」と標識の説明です。




[PR]

by y-azusaya | 2013-01-22 17:59 | | Comments(2)

{{(>∇<)}} 寒ううぅ~

b0348195_185868.jpg



先週の事ですが、新年会があったので駅前近くのホテルに出かけました。今年は当番に当たっていたので早めに行った所、早過ぎました。近くにきた時じゃないと寄らない北海道庁ですが、冬に来たことはなかったと思うので行って見ました。
赤れんがと云う愛称で知られる北海道庁旧本庁舎ですが、1888年(明治21年)アメリカ風のネオ・バロック様式で建てられ、建築資材のほとんどは北海道で生産されたものが使われているそうで、国の重要文化財になっています。

b0348195_185103.jpgここからホテルに近い北門から出ようと思い、行って見ると道路脇に鳥の群れがうずくまってました。道庁の池に居る鴨と鳩の群れ・・・この日も氷点下、羽を含まらせて真ん丸になっていました。羽との間に空気の層が出来ると温かいとの鳥の知恵ですね。





b0348195_1851138.jpg

この帰り、チカホで北海道ブックシェアリング主催の古書バザーがあったので立ち寄りました。文庫本は選ぶのに時間が掛かりそうなので、単行本のみグルグル見て回り、「火車」と「ミスティックリバー」の2冊を購入。火車の方はかなり古ぼけているけど需要があるせいか500円、翻訳もののミスティックリバーはとても状態が良いのに300円でした。2度目に読む火車はやっぱり面白くて、ついつい寝る時間が遅くなってしまいます。









[PR]

by y-azusaya | 2013-01-17 12:40 | 日々のできごと | Comments(2)

新年は小鳥から・・・

b0348195_185590.jpg
遅く起きた元旦の朝、ボケ~っと外を見ていたら何やら小鳥が来ていた。素早い動きからスズメではないような・・・いつもコンデジを構えるも、小鳥の存在を見つける前に他の場所に飛んで行ってしまうので、なかなかカメラでは捉える事が出来ないでいたけど、今回はやっと見られそうなものを撮る事が出来た。こちらはシジュウガラ、ここでちょっとの間啄ばんでいたけど直ぐに移動。後を追ってみたけど追い切れなかった。

b0348195_185814.jpg
この場所にまたまた来たので撮ったら、今度はヤマガラでした。二羽ともシジュウガラ科なので一緒に行動しているのか・・・










b0348195_185842.jpg

普段は焼酎を飲むことが多いのですが、暮れに日本酒を買ってきました。「奥の松」と「越乃寒梅」とかなり迷って、奥の松にしました。福島県二本松のお酒である奥の松は、その昔近所の焼き鳥屋さんで飲んでいたお酒で、美味しかった記憶があって懐かしさもありこれにしました。もう一本は日本酒好きの外の姪のために買って来た山形の特別純米酒「十水」ですが、今年は自らワインを持って来てそちらを飲んで帰りました。なんだ・・・このどちらも飲み飽きのしないお酒だと思います。
昨年1回目の記事でも、福島二本松のお酒を取り上げたのを思い出しました。
頑張れ東北!




[PR]

by y-azusaya | 2013-01-04 22:22 | | Comments(6)