アネモネ・シルベストリス


b0348195_1951366.jpg



b0348195_1951344.jpg
春先からの雨が少なかったせいか、今年のアネモネは背丈が伸びませんでした。それでも5月の風に揺られて、可愛い花が咲いています。
ヨーロッパ原産のアネモネは100種もあるそうですが、この白いアネモネは原種のシルベストリスと云います。ずっと花弁だと思っていたのは萼片だそうで、花弁はなく、ぐるっと取り囲んでいる黄色いのが雄しべです。弱々しげに見えますが意外と丈夫で、切り花にして飾っていても結構長持ちしています。一般的にアネモネと云われているのは球根ですが、これは地下で根茎が這って行くのでどんどんと増えてしまいます。

b0348195_1951348.jpg
英名のスノードロップアネモネは蕾の感じから付いたのでしょうか・・・和名ではバイカイチゲと云います。




[PR]

by y-azusaya | 2014-05-25 21:55 | | Comments(2)

コンロンカ(崑崙花)

b0348195_1951286.jpg
3月に緑のセンター温室にあった鉢植えですが、名前が分かりませんでした。葉っぱの一部分が白くなっており、黄色の花は星型です。
先日の園芸市で同じ花があり、コンロンカと云う名前を知り、忘れないようにメモして来ました。
白くなっているのは葉ではなく、萼片が変化したものだそうです。白い萼片を、中国神話伝説上の聖山・崑崙山に積もる雪に見立てて、漢字表記では崑崙花と書きます。萼片が白くなるハンカチの木と似ている事から、ハンカチの花と別名で呼ばれることも・・・生息分布は亜熱帯~熱帯アジア地方だそうで、こちらでは室内向きの花です。ちょっとピンぼけの写真ですが、名前が分かってスッキリ。


[PR]

by y-azusaya | 2014-05-15 16:11 | | Comments(2)

ソメイヨシノの並木

b0348195_1951290.jpg


よそ様のブログを見ていて、こんな身近にソメイヨシノの並木があるのを知り、連休最後の日に出かけて来ました。地下鉄で3つ目の駅で降り地上に出たら雨が降って来ました。にわか雨があるかも知れないと思いながらも傘は持参しなかったので、信号が変わるまで出入り口でひと休み。フードの付いたコートを着て行って良かった。



b0348195_1951218.jpg



b0348195_1951233.jpg



この公園にはエゾヤマザクラもあるけど、この北国生まれの桜はソメイヨシノよりも早くに開花するので、既に終わりを迎えていました。
公園の中を地下鉄駅一つ分歩いて、帰りも電車に乗ろうと思いながら勢いで自宅まで歩いて帰り、その後足腰に来てしまって酷かった。数年前までは何の事もなかった距離なのに・・・





b0348195_1951238.jpg公園の中では恒例の園芸市が開催されていました。帰り道眺めながら歩いていたら、フルーツホオズキの鉢植えに目が留まりました。ちょっと興味が・・・育てるのは簡単かどうか聞いて見ると大丈夫だと云うので、それでも失敗するかも知れないので一鉢だけ買ってきて見ました。果たして実が生るまで育てられるでしょうか・・・



[PR]

by y-azusaya | 2014-05-12 17:14 | | Comments(2)

キクザキイチゲやカタクリなど


b0348195_1951191.jpg

前後してしまいましたが、4月29日カタクリが開花していると云うので緑の公園に行って来ました。その前にHPでキクザキイチゲも咲いていると知り、えっ、何処に?と思っていたら、この時期には一度も足を向けた事のない樹木園の中にあり、小さな群れを作って咲いていました。この公園にはよく似たアズマイチゲもありますが、パッと見た目では判別できませんが、アズマイチゲは花の咲く時期が少し遅いようです。


b0348195_1951187.jpgキクザキイチゲを探して歩いている内に行き当たったチオノドクサ。昨年北大植物園でも見かけましたが、ここにもあるとは知りませんでした。










b0348195_1951171.jpg


b0348195_1951111.jpg
公園に入って先ずは野草園のカタクリを見に・・・周りは一眼レフカメラを構える人がたくさんいたので写真撮りはパスし、樹木園の方を先に回りました。帰りがけに寄ったら空いていたので撮って来ました。背丈の低い花を撮るのは膝痛にはシンドイです。よそ様のブログで、白いカタクリが一株咲いていたと云うので、来年は探して見ようと思います。




b0348195_1951224.jpg
野草園でご夫婦連れの方がこれ何だろうと話していた葉、標識が無いんだよね~と云っていたのを横で聞いていて、帰りがけにたくさんポンポンと出ている場所がありました。これだけたくさん出ているのはひょっとしてオオウバユリかも?と、帰宅後調べて見たらやっぱりオオウバユリでした。花が咲いた所は何度も見ているのに、こんな葉っぱだとは知らなかった。

http://azusaya.exblog.jp/23333782/
ずっと前に調べていました。花が咲くころには葉は枯れてしまうらしい。





[PR]

by y-azusaya | 2014-05-08 15:16 | | Comments(2)

チシマザクラ

b0348195_1951192.jpg



b0348195_195118.jpg昨日、眼科の帰りに寄って来ました。3日から構内一般開放されるというのでその前日に・・・
4月の記録的な日照時間で、市内の桜の開花も平年よりも早まりました。ここ土木研究所のチシマザクラも、当初の目算よりも4~5日早まっての開花だそうで、日の当たる北側の並木はほぼ満開でした。






b0348195_195114.jpg

構内に掲げられていた説明です。
「当所の千島桜は、構内の環境整備の一環として昭和59年(1984年)6月に、釧路支庁管内浜中町霧多布から苗木200本を取りよせて植樹したものです。 千島桜は、エトロフ桜とか国後桜とも呼ばれ、本州北部や北海道の高山、南千島、ウルップ島に分布し、昭和11年(1936年)に植物分類学者の宮部金吾氏が命名したといわれ、昭和48年(1973年)には北海道記念保護樹林に指定されています。」


b0348195_1951158.jpg30年もの間にてんぐ巣病という病気に罹っている木もあって、伐採や枝打ちを行って現在治療中だそうです。ここに通い始めたころ(何年前だったか?)から見ると枯れた枝などが増えたなぁと思っていたので、治療して元気な千島桜が復活してくれればいいなと・・・
写真を撮っていると声を掛けられました。初めて見に来られたそうで、少しの間お話しました。花は、どんな花でもですが、見知らぬ人を繋ぐ力がありますね。




[PR]

by y-azusaya | 2014-05-03 17:18 | | Comments(0)