<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小樽運河

b0348195_10592619.jpg



ニセコの帰りは、姪の用事で初めての小樽回りでした。
昼夜兼用の食事をこの小樽でとりましたが
なんと海鮮丼のお店は我々のみ、貸切状態でした。
夕食にはちと早い時間だったからか
ツアー客はこんなお店には来ないのか・・・

夏の観光にはちょっと早い夕暮れの小樽運河は人影もまばらで・・・
人力車のイケメンお兄さんのお誘いばかりが何回も来て
いつか一度は乗って見たいかも・・・と
見たお値段に目が点になる。


b0348195_10593851.jpg







[PR]

by y-azusaya | 2015-06-19 11:45 | | Comments(2)

ローズマリー


6月最初の日曜日、ニセコ方面に行って来ました。
アッシーさんを頼んでいた外の姪が忘れていて
少し遅い出発になりました。

札幌も出かけるときはどんより曇り空
途中で正面に見えて来た羊蹄山も頂上は雲の中でした。


b0348195_10585674.jpg

途中、花をメインにしている真狩の道の駅真狩フラワーセンターに寄りました。
珍しい花の苗はなかったので
サラダに入れても良いかとイタリアンパセリを購入。
傍にあったローズマリーの葉を
触っては匂いを嗅ぎまた触っては嗅ぎ、
何回か繰り返した末に家に連れて帰る事にしました。
どちらも育てるのは初めてです。

ローズマリーは地中海沿岸を原産とするシソ科の植物で
立性・匍匐性・反匍匐性とあるそうで
買って来たのは果たしてどれか・・・
背丈が短くて既に花が咲いているって事は???

今まで料理にも使った事がなかったけど
肉料理に合うそうで・・・
お料理のみならずエッセンシャルオイルにも使われるそうで
いろいろな効能があるようです。



b0348195_12050366.jpg



今回の目的は、倶知安に住んでいる友人宅を尋ねる事でした。
ペンション街にログハウスを建てて20年になるそうです。
その当時はお宅からは羊蹄山が見えていたのに
今や周りはコンドミニアムやペンションが立ち並び
街中の住宅街と変わらない風景になってました。
夏場はそれらも滞在客がいなくて、ひっそりしてました。


帰り道の羊蹄山は雲も晴れて、きれいな佇まいを見せてくれました。

b0348195_10590994.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2015-06-14 10:57 | 旅・花 | Comments(2)

5月末の公園で・・・

真夏ような日々の後の寒気に、身も縮こまります。
遂に暖房を入れてしまいました。
標高1280mの、道内最高地にある十勝岳温泉では雪が降り積もったそうな・・・

ハンカチの木に花が咲いたと聞いていたので
5月末にまだ残っているかな~と見に行って来ました。
既に玉状の花は散ってしまったようで
残っていたのは葉が変化した白い苞のみでした。
花がついて3年目、今年はかなり低い枝にも花がついていたようですが
残るのは高い枝ばかり・・・
触ると落ちるって云う事なので落ちちゃったかなぁ・・・
間近で見る機会を失いました。


b0348195_11081531.jpg



公園に入って行くと白い花の群れが見えました。
今回初めて気が付きましたが
そう云えば、この時期にはしばらく訪れていなかったかも・・・

b0348195_11112482.jpg


今回は葉っぱもちゃんと撮って来ましたが
図鑑を見比べもはっきり断言は出来ないでいます。
多分、セリ科のシャク云う植物だと思う。
日本全土の低地~山地の林内に生育し
若葉は食用になるそうですが
ドクニンジンと似ているので注意です。


b0348195_11110137.jpg



[PR]

by y-azusaya | 2015-06-05 22:38 | | Comments(2)

シロヤマブキ

b0348195_15050038.jpg

枯れそうになっていた、鉢植えのシロヤマブキを頂いたのが7年ほど前
3年くらい経ってやっと花を見たあと
気が付いたら花が咲いたのかどうかの年月が続き
やっと今年はたくさんの白い花が見られました。

b0348195_15044699.jpg


黄い花のヤマブキに、葉や花をつける様子が似ており
花が白いのでシロヤマブキと呼ばれていますが
ヤマブキとは同科別属のバラ科シロヤマブキ属です。

日本では、本州の中国地方の限られた場所に自生しており
自生しているものは絶滅危惧種だそうです。

開花している期間が短いようで
撮ってから1週間目、既に花は終わってしまいました。
花の後は3~4つの実を付けるのですが
何時も見るのを忘れてします。



[PR]

by y-azusaya | 2015-06-02 11:52 | | Comments(0)