<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年賀葉書の秘密



b0348195_14593685.jpg

  
  
   新年になって直ぐに、いつも行くカフェに行ったところ
   年賀状の宛名側を出されて、
   これの秘密知っている?と聞かれました。
   ネットで検索したらいろいろ出ているからと。

   次の週にまた、分かった?と聞かれた・・・
   あ、まだ見ていないと答えたその日の夜
   交流のあるブログを見たらその答えが出ていました。

   切手の部分の、犬の顔が富士山なのは分かったけど
   あとは自分で探せそうもないし、これは探しても分からなかったと思う。
   で、写真だけでも撮ろうといろいろやって見た。
   普通に撮って拡大しても、マクロ機能でも駄目で
   そこで拡大鏡を借りてきて、台に乗せて撮って見たら
   その方がはっきり撮れた。
   
   





鼻の所にフじ、カタカナとひらがなだけど・・・

b0348195_23433285.jpg




肉球の部分に富士山、足跡の爪の部分に
逆さま文字でF U J I

b0348195_23435990.jpg




これは肉眼でも普通の拡大鏡でも読めず
特殊なルーペじゃないと読めないらしい。
横書きで真ん中の線が「あけまして」
右側の線が「おめでとうございます」です。
この一枚だけはネットからの借りて来ました。

b0348195_23443141.jpg



犬のしっぽの中にふ、外にじの文字でふじ。

b0348195_23441445.jpg



もう一枚ほうの、犬の絵馬の年賀状には
鶏、犬、猪と昨年、今年、来年の干支が書かれていました。
そして背景にはネズミらしき顔が・・・

b0348195_15505624.jpg

1月ももう少しで終わりですね。
今更ながらの話題でした。



[PR]

by y-azusaya | 2018-01-26 17:26 | 日々のできごと | Comments(4)

ツグミ


先週のこと、庭の桜の木に鳥が飛び交っていた。
常連のヒヨドリかと思っていたら、少し違う。
目を凝らして見たら、白い眉毛に胸の辺りに黒のドット柄。
もしかしたらと調べて見たら、やっぱりツグミだ。

もう十何年も前に、毎年のように訪れて来るツグミがいた。
いつも独り、数日滞在しては何時の間にかいなくなった。

今回は4羽のツグミ、それぞれがカップルなのか・・・
ちょっと羽を休ませているようにして、直ぐに飛び去って行ってしまった。

b0348195_10295237.jpg

b0348195_10301580.jpg

b0348195_10300543.jpg



ここの所、じっくり窓の外を見ていなかったが
いつの間にかハクモクレンの芽が膨らんでいた。
この時期に膨らんで来るのか、気を付けて見ていなかったので分からず
これからまだ氷点下の日があると云うのに、大丈夫なんだろうか?

b0348195_15093298.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2018-01-21 16:12 | | Comments(4)

ラナンキュラス


先日、毎週行っているカフェのカウンターに座ったら
目の前にあったのがこの花、ラナンキュラス。
カタカナ名前がスッスッと出てこなくなった今でも
なぜかこのラナンキュラスは直ぐに出て来る。
それは何故かと聞かれたけど、自分でも分からない。

葉付きの長い茎だったけど
頭が重くてうつむいてしまうのでと、切られてこの花瓶に挿された。

b0348195_15091123.jpg



ラナンキュラスの原産地は、西アジア・ヨーロッパ東南部
日本には明治の中頃に渡来し、
その頃の花は花径も小さく花弁の数も少ないものだったそう。
いまや、様々な園芸品種もあって
赤・ピンク・白・黄・オレンジ・紫と色数もたくさん。
花金鳳花(ハナキンポウゲ)という和名からも分かる
キンポウゲ科キンポウゲ属の花です。

薄い花びらが幾重にも重なる美しい花で
花言葉は「とても魅力的」「晴れやかな魅力」など等。




[PR]

by y-azusaya | 2018-01-18 17:30 | | Comments(2)

いちごの日


新年おめでとうございます。
新しい年も早や5日目・・・

新聞のスーパーの折り込みチラシで知りました。
今日1月5日はいちごの日だそうですが
これが果物の苺とは全く関係のない
いちご世代と云われる高校受験の15歳を指しているとか・・・
苺の画像と載っていたので、果物の苺の日だと思ってしまいました。
因みに果物の方は「いいいちごの日」1月15日だそうです。

我が家の新年会に甥が持って来た箱包み。
「雪うさぎ」って知っている?と聞かれ
雪で作る雪うさぎを思い浮かべ、お菓子にもそんな名前のがあったかな~と
包みを開いて開けて見ると、大粒の白いイチゴが並んでいました。
以前に聞いたことがあったけど
とってもお高いって云うイメージしかなかった白いイチゴ。
初物なので、みんなの口に入るようにと半分づつに切った。
酸味が少なくて甘く、誰かがイチゴじゃないような香りがすると云っていた。

b0348195_18141342.jpg



白いイチゴは元々は突然変異から誕生したものだそうで
この「雪うさぎ」は、5年もの品種改良を経て作りあげたものとか・・・
酸味が控えめで甘く、桃のような香りがすると書かれていました。
白いイチゴの先駆者は、2008年に誕生した「初恋の香り」で
「淡雪」「天使の実」など等、いまや様々な白いイチゴがあるようです。



[PR]

by y-azusaya | 2018-01-05 14:45 | 果実 | Comments(4)