カテゴリ:花( 331 )

これはドクダミ?


二種類の花(名前が不明)が混在している中に
白い花が咲いていました。
葉っぱはドクダミだけど今まで見たことも無い花が・・・
そして、ここにはドクダミは植えていない・・・

で、検索して見ました。
そしたら八重咲きのドクダミがあって、これがそうらしい。
なんでここに咲いたのかは不明です。
八重咲きの花は先祖帰りすることもあるようなので
今のところは数本なのでもっと増えると良いな!

b0348195_16364399.jpg



こちらが一般的なドクダミ。
十薬と呼ばれ薬草として使われ来ましたが、雑草扱いにも・・・
今年は、今までは無かった所にも咲いているので
どのようにして飛んできたのやら・・・鳥か?


b0348195_16370661.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2018-07-27 17:17 | | Comments(2)

ハマナス


7月の半ば、乳がんの検診に行ってきました。
2年ごとに受けたら良いと云う検診ですが
1回抜けて4年ぶりです。
前回は近くの総合病院の検診センターで受けましたが
思いの外時間が掛かって・・・
で、以前受けていたがん検診センターで受ける事にしました。
午後は本当に空いていて
事前に問診票を書いて行っているのでスムーズに終了。
昨年から医師の触診が無くなったそうで、良かった・・・
自宅から地下鉄に乗って行っても1時間もしないで帰宅できました。
検診センター玄関を出たらハマナスの花が目に入りました。
日々に追われ、いつの間にかハマナスの花も終わりごろでした。

やっと一輪咲いていたのをパチリっと!

b0348195_15230076.jpg



花が終わった後にはたくさんの実が生っていました。
花は香水の原料に、実はジャムにしたり果実酒にしたりしますが
まだ一度も作った事がありませんし、何となく敬遠して食べた事もないです。
なので、どんな味なのかお伝えすることが出来ません。
実そのものは酸味があると云う事ですが・・・



b0348195_15240244.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2018-07-23 17:54 | | Comments(2)

ヤマアジサイ


一昨年、フラワーフェスタで買って来た山アジサイが咲きました。
花が咲いてから、えっ、こんなの買ったかしらと・・・
昨年花をつけた2株は記憶にあったけど、もう2株はどんな花か???
多分、格安のを買ったので花芽が付いてなかったのかも。
で、普通のアジサイよりもひと足早く花が見られました。
普通のは、昨年たくさんの花をつけたので今年は寂しい・・・



これは甘茶らしい。
一般的なアジサイの葉には毒が含まれているそうですが
この甘茶は、葉を乾燥させて煮だすと甘味のあるお茶になるそうです。

b0348195_16434587.jpg

装飾花の色が変わって来ました。

b0348195_16441459.jpg




こちらは多分日高新錦山という種類。
最初からあまり色の変化がないような・・・

b0348195_14344198.jpg




こんなの買ったっけ?のヤマアジサイで
今年初めて花が咲きました。
名前は不明・・・

b0348195_14345483.jpg

b0348195_16452210.jpg

b0348195_16455911.jpg



買った時は白い花が咲いていました。
翌年も・・・
てっきり白い花のヤマアジサイだと思っていたら
装飾花が赤く変化しました。
これも名前が不明です。

b0348195_14335903.jpg

b0348195_16431103.jpg

b0348195_16425377.jpg



写真を撮っていたら蜂がやって来ました。
マルハナバチだけど、どっちの・・・?
お尻が白いのはどっちだったけ?で、調べて見ました。
これはセイヨウオオマルハナバチで
外来生物法で「特定外来生物」に指定されている蜂でした。
元々は花粉媒体昆虫として導入されたものですが
エサや巣の競合によって在来種を駆逐したりするので
厄介者になってしまいました。
北海道では生態系の悪影響のために、
「セイヨウオオマルハナバチバスターズ」が防除活動を行っています。

b0348195_23470614.jpg





[PR]

by y-azusaya | 2018-07-15 14:49 | | Comments(4)

アサツキの花


昨年植えた一株のアサツキが、春にこんもりと増えていたので株分けしました。
いい加減な株分けの仕方ですが・・・そして花を咲かせています。
本当はこの花は取った方が良いのでしょうが
可愛いのでそのまま・・・
アサツキはネギとは違う独立した種類で、辛味が強いので薬味として使うそうです。


b0348195_21424193.jpg



そこで、春先に酢味噌和えにして食べたアサツキと云うものは?となる。
甘くて美味しくて、スーパーで見かけたら一度は買ってくる。

万能ねぎ・わけぎ・アサツキとは混同されることが多いとの事ですが
万能ねぎは球根がなく、わけぎは球根があって葉の直径は7~10㍉
アサツキも球根があって葉が細く、直径は2~3㍉。
アサツキと思って酢味噌和えにしていたけど
あれはワケギの事だったか・・・
ワケギというネーミングではスーパーで見かけないので
やはり混同されて販売されている可能性が大きいようだ。


[PR]

by y-azusaya | 2018-06-24 17:40 | | Comments(2)

ハスカップ


だいぶ前からハスカップの花が咲いていました。
庭の隅の方にあるので、咲いているな~と思っていたら
花はほぼ終わりがけに・・・

ハスカップの本名はクロミノウグイスカグラという長い名前ですが
一般的には別名のハスカップと云う方が知られており
苫小牧勇払原野に自生しています。

b0348195_23225356.jpg



ハスカップと云う名はアイヌ語の”ハシカブ”に由来し
不老長寿の秘薬と云われていたそうです。
ビタミン類やアントシアニン・カルシュウム・鉄分などを多く含み
甘酸っぱい味の果実はジャムや果実酒、お菓子などの製品にされています。

以前はこの酸味の強い味が苦手でしたが
昨年たくさんの実が生っていたのでジャムにして見ました。
夏に相応しい酸味のあるジャムで
いつの間にか美味しいと食べられるようになっていました。


b0348195_23232238.jpg


b0348195_23230954.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2018-05-21 17:01 | | Comments(2)

今年の桜

4月は部屋のリフォームやら何やらで
落ち着かない日々でした。
この際、大きなカップボードからサイドボードに取り替えまして
昨日やっと搬入になりました。
これから中に入れるものをチョイスしながらで
またまたしばらく掛かりそうです。

私にとっての花見は近くにある土木研究所の千島桜で
26日からの一般公開2日目に行って来ました。
研究所の構内には小川が流れていて
その両側に桜並木が続きます。

ここの千島桜は、浜中町霧多布から苗木200本を取り寄せ植えたもので
エトロフ桜とか国後桜とも呼ばれ、
本州北部や北海道の高山、南千島、ウルップ島に分布しています。



b0348195_10165890.jpg

b0348195_10174975.jpg

千島桜の咲き始めはピンク色で、満開になると白っぽくなります。
中には一段と濃いピンク色のがありますが
それは突然変異で出来たものらしく
名前も「国後陽光」と品種登録されているそうです。

b0348195_10154427.jpg

b0348195_10161916.jpg

b0348195_10160344.jpg

b0348195_10152233.jpg

b0348195_10150237.jpg





4月下旬、庭にある富士桜が咲きだしました。
これも開花すると白っぽくなりますが
蕾はピンク色で可愛いです。

b0348195_10191521.jpg

b0348195_10185835.jpg

b0348195_10184062.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2018-05-12 17:10 | | Comments(4)

スプリング・エフェメラル


近くの公園の野草園で
カタクリの花が満開だと聞いて行って来ました。
カタクリとセットのように咲くエゾエンゴサクも・・・
今年はブルーのエンゴサクの方が多く見られました。

b0348195_18240988.jpg

b0348195_18262433.jpg

b0348195_18255626.jpg

b0348195_18253921.jpg


↓ 一ヶ所こんな状態の所が・・・写真を撮るのに入った?

でも、これはアウトでしょう!

b0348195_18250727.jpg




カタクリとエンゴサクの中に、少しづつ増えてきたキバナノアマナ。
これもスプリング・エフェメラルの一つです。
スプリング・エフェメラル(春先の儚い命)と云われるものは
冬枯れの中で芽を出し、あっという間に成長して花を咲かせ
早春のうちに姿を消してしまいます。
地上部に葉を広げて姿をみせているのは春先の2ヶ月あまりで
春の妖精とも云われています。

b0348195_18252440.jpg



野草園とは別の場所に、小規模な群生のキクザキイチゲ。
これもスプリング・エフェメラルの一つです。
少しづつ範囲が広がってきたのはうれしい事です。

b0348195_17405870.jpg

b0348195_17411452.jpg




[PR]

by y-azusaya | 2018-04-27 17:47 | | Comments(2)

こんにゃくの花


ぽかぽか陽気の日に
緑のセンターでこんにゃくの花が咲いていると云うので行って来ました。
こんにゃくの花は初めて見ます。
とても臭いとの事で、ビニールのケースに入れられておりました。
ビニール越しの、さらに逆光で映りが悪いですが・・・

正面から、ビニールの覆いの上から鼻をくっ付けて見ましたが臭いません。
後ろに回ったら、少しだけ隙間が開いていたので
鼻を寄せると、うッ!と・・・臭いです。
いろんな意見があるようですが、私は魚の腐敗臭だと思いました。
一緒に見ていた女性の方は、ついに嗅ぐことなく・・・

b0348195_14540490.jpg




インドシナ半島や中国大陸が原産と推定されるそうで
日本や中国で栽培されている多年草です。
地下に球茎を持ち、3~4年育てると無葉の状態で花茎が直立し
筒状の仏炎苞に包まれた花序をつけ、開花すると強い臭気があります。
球茎から取れる食物繊維マンナンを利用して
食用のこんにゃく糊が作られます。

そこで思ったのは、こんにゃくの産地では開花時期になると
この臭いが充満しているのかと・・・
調べて見ると、産地では3年までに出荷するようで花は見る事がないようですね。


[PR]

by y-azusaya | 2018-03-31 16:57 | | Comments(2)

ラナンキュラス


先日、毎週行っているカフェのカウンターに座ったら
目の前にあったのがこの花、ラナンキュラス。
カタカナ名前がスッスッと出てこなくなった今でも
なぜかこのラナンキュラスは直ぐに出て来る。
それは何故かと聞かれたけど、自分でも分からない。

葉付きの長い茎だったけど
頭が重くてうつむいてしまうのでと、切られてこの花瓶に挿された。

b0348195_15091123.jpg



ラナンキュラスの原産地は、西アジア・ヨーロッパ東南部
日本には明治の中頃に渡来し、
その頃の花は花径も小さく花弁の数も少ないものだったそう。
いまや、様々な園芸品種もあって
赤・ピンク・白・黄・オレンジ・紫と色数もたくさん。
花金鳳花(ハナキンポウゲ)という和名からも分かる
キンポウゲ科キンポウゲ属の花です。

薄い花びらが幾重にも重なる美しい花で
花言葉は「とても魅力的」「晴れやかな魅力」など等。




[PR]

by y-azusaya | 2018-01-18 17:30 | | Comments(2)

ハコネウツギ



先週の事、家から歩いて行ける総合病院への道すがら
懐かしいハコネウツギが花盛りでした。
子供の頃、うちにもあったハコネウツギでしたが
その時は名前も知らずにいたけど何となく好きだった。
道路の拡張やら、自宅の転居やらで無くなってしまったが・・・


b0348195_16325373.jpg



ハコネウツギは日本原産で海岸付近に自生したもので
もともと箱根には自生していなかったらしい。
白・桃・紅色と三色に分かれて咲くのかと思っていたら
白~桃~紅色と変化するのが特徴で
ほとんどが3色の姿で単独色を見る事はないらしい。


b0348195_16330821.jpg


[PR]

by y-azusaya | 2017-07-21 12:14 | | Comments(6)